仕事のために英語を勉強する社会人の数は、年々増えています。

多くの企業でグローバル化の動きが加速し、以前まで普通に働いていたサラリーマンでも、ある日突然英語を話すことが求められるという話も珍しくありません。

海外で働く人に限らず、国内で働く人にも英語力が求められる時代です。

しかし一方で、ビジネスシーンで求められる英語は、これまで学校で学んできた英語とは少し違った部分があります。

「自分の話す英語が失礼な言葉になっていないか心配」

「普通の英語とビジネス英語の違いが分からない」

こんな悩みを抱えている人は多いはず。

ビジネスシーンでは、一体どんな英語を使うのが正解なのでしょうか。

そこで本記事では、普通の英語とビジネス英語の違いや、ビジネスシーンで使える英語フレーズについて紹介していきます。

ビジネス英語を上達させるための勉強法についても紹介しますので、英語学習の参考にしてみてください。

 

そもそもビジネス英語とは?

英語を勉強していると、「ビジネス英語」という言葉をよく耳にします。

そもそもビジネス英語とは、普通の英語と何が違うのでしょうか?

まずはビジネス英語とは何なのかを解説していきます。

 

ビジネス英語とは「丁寧な英語」

ビジネス英語は、日本語で言うところの敬語に近い表現です。

目上の人と話す時、

「~でいかがでしょうか?」

「~の程、宜しくお願い致します。」

といった、少し回りくどい日本語表現を使うかと思います。

英語でも同様に、目上の人に失礼と思われないような少し周りくどい表現が存在し、これがいわゆる「ビジネス英語」です。

 

ビジネス英語はフォーマルな場で求められる

ビジネス英語が求められるシチュエーションとしては、

・会社における上司との会話

・取引先の人との会話

・商談や会議

など、フォーマルな場が当てはまります。

日本語における敬語と同様に、目上の人を不愉快な気持ちにさせないためにも、丁寧なビジネス英語が求められます。

 

必ずしも流暢な英語が求められる訳ではない

例えばですが、

・流暢な日本語を話すけど、目上の人にもタメ口な外国人

・カタコトの日本語だけれども、しっかりと「です」「ます」を語尾につける外国人

あなたはどちらに好感を覚えますか?

大抵の場合、後者の外国人の方が好感度は高いです。

確かに英語が流暢であることに越したことはありますが、丁寧な表現さえ使えていれば必ずしも流暢である必要はありません。

正しいビジネス英語を使いこなせていれば、例え発音が悪くても、相手に好感を持ってもらうことができます。

 

挨拶で使えるビジネス英語

通常の英語の挨拶では、「Hi」や「bye」といった短い挨拶が使われるのが一般的です。

しかしこれらの挨拶は非常にフランクな表現であり、ビジネスの場では少し幼稚に聞こえてしまいます。

相手を不快な気持ちにさせないためにも、少し工夫した言い回しが必要です。

まずは挨拶をするシーンで使えるビジネス英語を紹介していきます。

 

初対面の相手に使うビジネス英語

「初めまして。宜しくお願いします。」という気持ちを相手に伝えたい時のビジネス英語です。

Hello, how do you do?

Hello, it’s a pleasure meeting you.

日本語に直訳すると少し意味が異なるようにも思えますが、初対面の相手への決まり文句であり、どちらも「初めまして。宜しくお願いします。」という意味になります。

単純に「Hi」や「Hello」と言うよりも、丁寧で誠実な印象を持たれます。

 

名刺交換の際に使うビジネス英語

商談の場などにおいて、名刺を交換する際に使うビジネス英語です。

・「名刺交換がしたい」という旨を伝える時

Could we exchange business cards?

・こちらから名刺を渡す時

Here is my business card.

・名刺を渡しながら、自分の名前と会社を名乗る時

My name is 〇〇 and I’m from △△Corporation.

名刺交換の際は相手と会ったばかりで緊張しがちですが、無言は気まずい雰囲気を生みます。

しっかりとビジネス英語で挨拶をしながら名刺交換をするのが重要です。

また豆知識として、欧米では名刺を交換する前に先に握手をするのが一般的です。

焦っていきなり名刺交換から始めようとすると少し変な印象を与えてしまう可能性があるので、覚えておきましょう。

 

久しぶりに会った相手に使うビジネス英語

「お久しぶりです」や「ご無沙汰しております」という気持ちを相手に伝えたい時のビジネス英語です。

It’s been a long time since we met before.

Great to see you again.

よく「Long time no see.」という言葉を耳にしますが、これはあくまでカジュアルな英語表現です。

友達への挨拶であれば全く問題ありませんが、目上の人に使うと少し失礼にあたる可能性があります。

フォーマルな場では、「久しぶり」という気持ちを伝える際もビジネス英語が求められるので注意しましょう。

 

別れ際に使うビジネス英語

商談や打ち合わせが終わり、相手に「さようなら」という気持ちを伝えたい時のビジネス英語です。

Thank you for coming today.

It was nice to see you.

Good bye.」という英語を思い浮かべた人も多いかもしれませんが、「Good bye.」は日本語で言うところの「さようなら」に近いニュアンスです。

「もうしばらくは会えない」というニュアンスも含むため、ビジネスの場では少しネガティブに捉えられてしまうことがあります。

「今日はありがとうございます」「お会いできて良かったです」というニュアンスを織り交ぜることで、丁寧な別れ際の挨拶となります。

 

会議で使えるビジネス英語

英語が話せないからといって、会議で全く発言ができないのは社会人として致命的です。

また、英語が苦手なのに会議の司会・進行をしなければいけないという状況もあるはず。

ここでは、会議で使えるビジネス英語について紹介していきます。

 

会議冒頭で使うビジネス英語

特に会議の司会・進行をする際によく使うビジネス英語です。

・会議を始める旨を伝えたい時

Let’s get down to business.

Shall we begin?

・他人に説明やプレゼンを始めてもらうとき

Mr.○○, could you start?

Let’s start」だけでも意味は通じますが、やはりこれも少し幼稚な表現と捉えられがちです。

会議の冒頭であたふたしないように、ビジネス英語のフレーズを頭に入れておきましょう。

 

意見・質問の際に使うビジネス英語

会議における主題の説明が一通り終わり、意見や質問が求められるシーンで用いるビジネス英語です。

・質問を促す時

Do you have a question?

Let me ask your opinion.

・質問がある時

I have a question.

What do you mean ○○?

○○の意味を教えて欲しいというニュアンス

質問をする際はいきなり本題から話してもいいのですが、「I have a question.」のようなクッションとなる言葉を最初に入れることでより丁寧になります。

 

会議終了時に使うビジネス英語

会議を終了する旨を皆に伝えたい時のビジネス英語です。

Thank you for today’s meeting.

This concludes our meeting.

これらも会議の司会・進行をする際によく使うビジネス英語です。

スマートに会議を締めるためにも、頭に入れておきましょう。

 

メールで使えるビジネス英語

外国人のいないオフィスで仕事をしていたとしても、人によっては英文でメールを送る機会もあるはず。

「ビジネスメール」という言葉があるように、仕事上で送るメールにはやはりビジネス英語が求められます。

ここでは、メールで使えるビジネス英語について紹介していきます。

 

メールの書き出しで使うビジネス英語

メールの始めに添える言葉です。

Dear Mr/Ms.○○,

Dear Customer Service,

メールの初めは「Dear~」で始めるのが一般的です。

相手が男性であれば「Mr.」、女性であれば「Ms.」を付けるのを忘れないようにしましょう。

(場合によっては「Dr.」や「Prf.」といった敬称となります。)

 

メール本文中で使うビジネス英語

メールの本文中でよく用いられるビジネス英語です。

・メールの目的を説明する時

The reason I am writing this e-mail is because~」

・「~をありがとうございます」と伝える時

I’m happy to inform you that~」

・「~について申し訳ありません」と伝える時

I’m sorry to inform you that~」

・見積もりを添付した旨を伝える時

I have attached the estimate to this e-mail.

・○日までに返信が欲しい旨を伝える時

Please reply by ○○.

日本語のビジネスメールと同様、少し周りくどい表現が多いです。

 

メールの結びに使うビジネス英語

メールの最後に添える言葉です。

Best regards,

Thanks,

ビジネス英語で使う結びの言葉は上記の2つが大半です。

日本語で言うところの「以上、よろしくお願い致します」といったニュアンスも込められていますので、とりあえず付けておけば失礼にあたることはありません。

 

ビジネス英語を上達させるための勉強法

その場の雰囲気に応じて丁寧な言い回しが求められるビジネス英語は、普通に勉強していてもなかなか身につきません。

学生時代に英語の成績は良かったけど、ビジネスの場で英語を話すのに苦労しているという人も多いのではないでしょうか。

ビジネス英語を身につけるには、ビジネス英語にターゲットを絞った勉強方法が求められます。

ここでは、ビジネス英語を上達させるための勉強法について紹介していきます。

 

まずは勉強の目的を明確にする

ビジネス英語に限らず、英語が上達しない人の多くに共通するのが、英語を勉強する目的が不明確という点です。

ビジネスの場において英語でコミュニケーションを取りたいという目的であれば、TOEICで高得点を目指す必要はないし、ネイティブのような完璧な発音を身に付ける必要もありません。

ビジネスの場で英語を話すことが目的であるのであれば、自分はビジネス英語を身につけるために勉強をしているという意識を常に持つようにしましょう。

英語を勉強する目的を明確にすることで、どんなフレーズを覚えるべきなのか、どのくらい流暢に英語を話す必要があるのかが見えてきます。

 

使えそうな定型文はとことん暗記する

ビジネス英語には、決まり文句が多く存在します。

上記で紹介しているようなビジネス英語の定型文をとことん暗記しましょう。

定型文が頭に入っていると、とっさの場面でもスムーズに英語が出てきます。

また最初に定型文を覚え、定型文を自分なりにアレンジしていくことで、話せる英語のバリエーションが少しずつ広がっていきます。

 

シチュエーションを想像し、実際に英語を声に出してみる

ある程度ビジネス英語の定型文を覚えたら、実際に英語を声に出してみましょう。

英語を声に出すという勉強法は多くの教育者が提唱している方法であり、英語を声に出すことでフレーズやリズムが定着しやすくなります。

また英語を声に出して練習する際には、実際のシチュエーションを想像することも大切です。

商談の場や会議の場など、実際にビジネス英語を使うシーンを想像しながら英語を話してみましょう。

実際のシチュエーションを想像しながら練習をすることで、いざビジネス英語を話す時に緊張したりパニックになったりすることが少なくなります。

 

スキマ時間にはリスニングのトレーニングを

自分の口から英語が出てくるようになっても、相手の英語を聞き取ることができなかったら会話が成立しません。

よって、リスニング力を向上させることも重要です。

電車に乗っている時やちょっとした休憩時間などを利用し、英語の音声を聞くようにしましょう。

毎日英語を聞くことで、耳が英語に慣れ、少しずつリスニング力が向上していきます。

 

実際のビジネスの場で英語を使ってみるのも、効率的な勉強法

ビジネス英語をひたすら勉強するのもいいですが、やはり本番での実戦トレーニングは最も効率的です。

勉強途中の場合、上手く話せなかったらどうしようと英語を口に出すことを躊躇ってしまうかもしれません。

しかし失敗したとしても、失敗の経験から新たな改善点が見つかるはずです。

ビジネスの場に外国人の方がいたら、積極的に自分から英語を話してみましょう。

 

ビジネス英語を身につけるのにおすすめの教材

スキマ時間、シチュエーション別会話、リスニングなどのそれぞれの観点を抑えているのスタディサプリENGLISHの日常英会話コースがおすすめです。

 

スタディサプリENGLISHは、TOEIC対策コースと日常会話コースに分かれているのですが、日常英会話コースは月額980円とランチ一回分で続けられるので、非常にお得なプランになっています。

日常会話コースは『内容理解クイズ』『ディクテーション(書き取り)』『会話文チェック(リスニング)』『なりきりスピーキング(発音チェック)』と4つのメニューがあり、とくに、会話文チェックとなりきりスピーキングがおすすめです。

実用的な会話を元にしたシチュエーション別の講座が学べるのがおすすめです。

スタディサプリENGLISHの口コミや評判はスタディサプリEnglishの口コミ・評判まとめ。率直な感想や口コミをまとめましたで見ることができます。

ビジネス英語に特化したいまたついでにTOEICスコアも伸ばしたいという方は、スタディサプリENGLISH TOEICもおすすめです。こちらも同様に7日間無料体験をすることができるので、まず気軽に試してみたいという方におすすめです。
ビジネス英語以外にも全般的にスピーキングを伸ばしたいという方は是非英語のスピーキングを独学でマスターする方法。スピーキングはスポーツと同じで頭よりも体で覚えようの記事も読んでみてください。

 

【まとめ】ビジネス英語を使いこなして、ビジネスシーンで恥をかかないようにしよう!

本記事では、ビジネスのシーンで使える英語フレーズやビジネス英語の勉強法について紹介しました。

ビジネス英語は普通の英語よりも周りくどい表現が多く、これまで勉強してきた英語だけでは対応できない部分も多々あります。

仕事で急に英語を話すことを求められるようになり、困っている人も多いのではないでしょうか。

しかし本記事で紹介したような最低限のフレーズさえ抑えておけば、ビジネスの場で大恥をかくということはないはずです。

ビジネス英語をしっかりと身につけて、グローバル化する社会を勝ち抜きましょう。