「リーズナブルな値段で英語力を伸ばしたい」

「英会話教室に通いたいけど、忙しくて通う時間を確保できない」

そんな方々におすすめなのが、オンライン英会話です。コミュニケーションツール「skype」さえ繋ぐことができれば、比較的安い値段でいつでもどこでも英語学習を行うことができますよ。

オンライン英会話でも、1番人気なのがDMM英会話。レッスン150円〜というお手頃な値段でエリート講師の授業を受けられることや、種類豊富な教材を利用し放題なことから、高い支持を集めています。けれども、利用者の口コミを検索すると、効果的に英語力を伸ばすことができた人もいれば、そうでなかった人もいるようです。今回は、DMM英会話の効果と、おすすめの勉強法についてまとめてみました!

 

DMM英会話ってどんなサービス?

DMM英会話とは、オンラインでマンツーマンの英会話レッスンを受けることができるサービスです。パソコンはもちろん、スマホやタブレットからも受講することが可能です。現在、オンライン英会話のサービス評価・満足度調査において、業界No.1という人気を誇っています。

オンライン英会話を利用したことがない方を対象に、25分のレッスンが無料で受講できる「無料体験レッスン」もあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

(「無料体験レッスン」に関する詳細の記事はこちら:【体験レポ付き】スマホで簡単に英会話!DMM英会話の教材や予約できる講師、無料体験についてまとめてみました!)

実際のDMM英会話のレッスンの様子はこちら↓

 

DMM英会話の料金は?

DMM英会話では、ネイティブ講師を除いた世界各国の講師が予約できる「スタンダードプラン」と、ネイティブ講師を含む世界各国の講師を予約できる「プラスネイティブプラン」という2種類のプランがあります。各プランの中で1日あたりに受けられるレッスン数の上限を決めることができ、「選択するプラン × 1日あたり受けられるレッスン数の上限」でDMM英会話の月額料金は決定します。

広告で使われているプランは基本的に「スタンダードプラン」なので、ネイティブレベルの英語力を習得したい上級者は「安価でネイティブ講師との英会話を毎日受けられる」と、両プランを混同させないように気をつけてくださいね。

※ちなみに、ネイティブ講師とは、「アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカの国籍保有者または出身者」と定義付けられています。

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/plan/)

 

DMM英会話の予約できる講師は?日本人講師もいるの?

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/guide/about_teacher/)

 オンライン英会話ビジネスは、もともとフィリピンからスタートしていることもあり、講師が全員フィリピン人だというケースもあるようです。しかし、DMM英会話では、104カ国以上のさまざまな国の講師がいることが特徴です。

  また、DMM英会話では外国人講師だけでなく、日本人講師も指導を行なっています。「英会話はできるようになりたいけど、いきなり外国人講師と話すのは不安」と感じている初心者の方は、最初は日本人講師からレッスンを受けるのが安心かもしれませんね。1回のみ「無料体験サービス」でも日本人講師を選択することができるので、一度試してみることをおすすめします。

 

DMM英会話の教材は?

DMM英会話では、月額料金を支払うことでレッスンを受講できるだけでなく、豊富なテキスト教材を無料で利用することができます。

テキスト教材は目的やレベルにあわせて選ぶことが可能です。子供専用の教材から英検・TOEICといった資格対策専用の教材まで幅広く取り揃えているので、どんな人でも自分にあった教材を利用することができますよ。

また、DMM英会話ではオリジナル教材と出版社教材の両方を取り揃えています。他のサービスでは出版社教材は購入しなければいけないケースが多々あるのですが、DMM英会話はどちらも無料で利用することが可能です。

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/lp/material/)

 

オリジナル教材や出版社教材に加えて、DMM英会話を利用している方限定で「iKnow!」という英語学習アプリと連携することができる特典が付いてきます。DMM英会話と「iKnow!」を両方サービスを使用することにより、「読む・書く・話す・聞く」の4技能を伸ばすことが可能です。

「iKonw!」単体で使用する場合は月額780円〜の費用がかかるので、DMM英会話の月額料金のみで両サービスを利用できることは、英語学習者にとって嬉しい特典なのではないでしょうか。

(引用先:https://iknow.jp/)

 

 

 

DMM英会話って効果はあるの?利用者の口コミ・評判をまとめました

以下の動画で、おぎやはぎの矢作さんと堀江貴文さんが実際にDMM英会話を受講している様子を閲覧ことができます。

また、著名人だけでなく一般の方々がDMM英会話を利用した口コミも一部抜粋してみました。

様々な国の講師のレッスンをマンツーマンで受けることができることや、コストパフォーマンスが良いことに対して魅力を感じている声が多いです。一方で、講師によってレッスンの質に差があることに対して不満を抱く声も一定数ありました。DMM英会話のレッスンを利用する時は、自分にあった講師を探すことや人気講師を予約することが大切なのかもしれませんね。

<効果を感じることのできた方の口コミ>

DMM英会話は、フィリピンの先生も多いですが、東欧の先生も多いです。東欧の先生は概してインテリで、学問的な難しい話ができるので、上級の学習者や、専門的な英語を学びたい人にはいいと思いました。私もDMMの先生と会話をすることで、英語の難しい語彙をたくさん覚えることができました。

・DMMの場合はマンツーマンで濃い時間を過ごせるため、集中して取り組めます。スタンダードプランで受講しているので、本当に様々な国の文化を知ることができ、楽しく続けることができました

オンライン英会話ではスキルアップは難しいのかなと考えていましたが、人気の高い講師を選んだ時は楽しい授業を受ける事ができたので安心しました。DMM英会話は、料金が他のオンライン英会話に比べて安いので、その点も良かったと思えた部分です。

 

<効果をあまり感じることのできなかった方の口コミ>

先生によってレッスンの質がバラバラだった。点数が低い先生は学生のバイトの場合があり、フリートークだと内容が続かなくなったり、場所が寮の一室だったり、周りが騒がしかったりした。

資格試験などに精通したプロ講師の先生は受講がしにくいです。

・1番最初に選んだ先生は写真で見る限り笑顔がとても素敵な方だったので、きっと楽しい授業になるだろうと思っていましたが、いざその先生の授業を受けてみると、全く授業は楽しくなかったし、教える内容は初歩的な事ばかりだったので無駄な時間を過ごしてしまいました。

個人的な感想としてはオンライン英会話未経験でしたが、レッスン中も講師が丁寧に指導してくれたので、安心してレッスンを受けることができました。また、レッスン終了後にレッスンレポートとして講師のコメントをもらえるので、それが頑張ろうと思えるきっかけになりました。しかしながら、DMM英会話は基本的に自分自身で勉強法を管理しなければならないサービスですので、そもそもの勉強法が身についていない人には不向きなように感じました。勉強法を身につけるだけでもDMM英会話で得られる効果はかなり違うのではないかと思います。

まとめると、コストパフォーマンスが良いことに加え、1レッスンあたり25分と時間もあまりかからないので、毎日無理なく英語学習を続けることができます。英語は継続的に学習することが大切な教科ですので、毎日取り組むことができれば何かしらの効果は生まれるのではないでしょうか。レッスンだけでなく教材も充実していますし、正しい方法で学習すればやればやるだけ英語力を伸ばすことができるサービスだと思います。

より詳しくDMM英会話の口コミ・評判について知りたい方は、こちらDMM英会話の口コミ・評判は?料金や予約できる講師などを徹底解説!も併せて読んで見てくださいね。

 

DMM英会話で英語力を伸ばせた人とそうでない人の違いとは?

先ほどご紹介した通り、口コミでは英語力の向上に効果を感じている方とそうでない方がいました。それでは、英語力の向上に効果を感じることができた人と、そうでない人との違いはどのようなものなのでしょうか。

継続的な学習ができているかどうか

英語とは、毎日継続的に学習することにより、はじめて効果を感じることができる教科です。

DMM英会話事業責任者の上澤貴生さんも、「週に1時間英会話のレッスンに通うよりも、毎日25分英語を話した方がいい」と話しています。(http://eikaiwa.dmm.com/guide/より引用)

英語学習の場合、一度に一気に長時間勉強するという方法ではなく、毎日10分でも良いのでコツコツと英語に触れる学習方法を心がけましょう。もしも忙しくてレッスンを受けられない日があったとしても移動中に英文を読んでみるなど、少しでも英語に触れる習慣づけをしてみる工夫をしてみてくださいね。

自分の英語力を可視化できているかどうか

英語力の向上を感じられていない原因の1つに、自分の英語力が向上しているかどうかを可視化できておらず、本当は成長しているのにその成長に気づけていないということがあります。明らかに目に見えるほどの成長ではないけれど、少しずつ英語力が向上しているにも関わらず、それに気づくことができずに英語学習をやめてしまうとしたら、とても勿体無いことですよね。

まずは、自分の英語力が向上しているかどうかを判断するために、可視化を行いましょう。可視化を行うことによって、自分の小さな成長にも気づくことができるので、モチベーションアップにもなりますよ。

具体的に可視化をすべきものは下記の通りです。

 

<可視化すべきもの>

・英語学習における目標(目標を達成するまでの期限を設けるとなおよし)

・学習初期の英語の学習レベル

・一定期間ごとの自分の英語の学習レベル

 

とは言いつつも、英語の学習レベルをどのように可視化すべきか悩まれる方もいるのではないかと思います。そのような方は、TOEICやTOEFLといった点数として目に見えるもので英語力を定期的に測定すると良いかもしれませんね。また、DMM英会話サービス内でも「スピーキングテスト」を受講することができるので、定期的に利用してみることをおすすめします。

レッスンの時間を有効に活用できているかどうか

オンライン英会話で伸びない人の特徴の一つとして、フリートークをただやりっぱなしということが挙げられます。確かに、英会話を継続的に行うことによって、外国人と英会話をする抵抗はなくなります。しかし、初心者の方がフリートークをただ行うだけではスピーキング能力やリスニング能力を身につけることは難しいでしょう。

理由は2点あります。

1点目は、フリートークを初心者の方が行っても「聞く力」ではなく、「聞き流す力」が身につく可能性があるからです。フリートークのように会話の内容が決まっていない場合、ぶっつけ本番で不慣れな英語を使って受け答えをしなければならない環境に、身を投じなければなりません。これは初心者レベルの方にとって、情報が多すぎて十分な理解が追いつかない状況です。そのような状況の場合、きちんと英語を「聞く」のではなく、大事なポイントのみ情報を理解しようとする「聞き流し」の方法にシフトをしがちです。しかし、「聞き流し」を続けても、6割の理解はできるようになってもも、十分に理解できるようにはなりません。まずは教科書のように、どんな内容を英語で会話するのかが事前にわかるものを利用して、講師が話した英文をわかるまで何度も聞きなおすことが大切です。

2点目は、1点目の理由でもお話した通り、フリートークではぶっつけ本番で不慣れな英語を使って受け答えをしなければなりません。初心者の方の場合、このような環境ではYes / Noでの応答になりがちだからです。ですので、まずは自由に英語を話すのではなく、レッスンを通して会話中によく使うフレーズなどを学び、実際に応用して話せるようになる練習をすることをおすすめします。

上記の2つの理由より、まずは教材を使用してレッスンを受講するのが良いでしょう。

 

 

DMM英会話を最大限利用しよう!独学.funおすすめの勉強法をご紹介

DMM英会話を最大限に利用した、英語力を伸ばす独学.funオススメの勉強法をまとめてみました。もしよろしければ参考にしてみてくださいね。

自分のレベルや目的にあった教材を見つける

DMM英会話では全65種類もの教材が揃っています。まずは自分にあったテキストを選びましょう。とは言うものの、「多すぎて、選ぶにも選びきれないよ!」と不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

そんな方はまず、DMM英会話サービス内にある教材の検索機能を利用してみてください。
「DMM英会話レベル」「学習の目的」「その他の条件」の3点から、自分にあった教材を見つけることができますよ。

これからご紹介する①〜④の手順を教材選びの参考にしてみてくださいね。


①自分の「DMM英会話レベル」を設定し、学習計画を立てる

「DMM英会話レベル」の表を元に、学習計画を立てましょう。

「DMM英会話レベル」は、ピアソンPLC監修のもと、英語学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドラインである「GSE(グローバルスケールオブイングリッシュ)」をベースに作成されています。「GSE」とは、英語の習熟度を評価する世界基準のスケールで、TOEFLやIELTSといった外部試験とも対応していますよ。

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/lp/level/)

学習計画を立てる時に、下記の手順に従って計画を立ててみることがオススメです。

 

【学習計画を立てたい方にオススメの方法】

⑴「DMM英会話レベル」の表を元に、現状の自分の英語力がどのレベルに該当するかを特定する

⑵学習動機などから、英語を学習する上で目標を設定する。また、その目標がどのレベルに当たるのかを特定する。
(Ex)TOEICで750点以上を取れるようになりたい! → 目標はLevel7

⑶目標⑵と現状⑴のギャップがどれくらいあるのかを理解する。また、目標を達成するための期限を決める。

⑷⑶より明確になったギャップを埋めるために何をすべきかを考える。1日か1週間あたりの学習量を設定するのがおすすめです。また、何をすべきかを考えるにあたって「話す、聞く、読む、書く」の4つの観点から考えてみるのが網羅的ですよ。


②学習計画で立てた目的にあった教材を探す

①で設定した学習計画を元に、自分にあった教材を検索してみましょう。検索をする時に、「DMM英会話レベル」と「学習の目的」と「その他の条件」の3つから探すことができますが、まずは「DMM英会話レベル」と「学習の目的」だけで検索をしてみましょう。

DMM英会話では英会話レベルだけでなく、学習の目的別にも教材を取り揃えてあります。①で立てた学習計画を元に、自分のにあった教材を探してみてくださいね。

ちなみに、DMM英会話では14個の目的別に教材を検索することができます。表にまとめてみたので、よろしければ参考にしてみてください。

目的 備考欄
会話
文法
ビジネス ビジネス向けの表現を英語ニュースなどを通して学習できます。
試験対策 英検、TOEIC、TOEFL、ILETSの対策をすることができます。
専門用語 医療英語の基礎を学ぶことができる教材です。
旅行 海外旅行の基本となる英会話から、旅行先のそれぞれの文化なども学ぶことができます。
文化
読み物 英語で書かれた作品を通し、学習することができます。
写真・絵・マンガ 写真や絵を通して、総合的な英語での説明能力を磨くことができます。
発音
キッズ 入門レベルの英語を楽しく学習することができます。
語彙
フリートーク
レベル測定 スピーキング能力を測定することができます。

③一度教材の口コミを検索してみることがオススメ?

「DMM英会話レベル」と「学習目的」で検索をしても、DMM英会話にはオリジナル教材と出版社教材があるため、絞りきれないこともあるのではないでしょうか。その場合は、一度教材の口コミを検索してみることをオススメします。

特に出版社教材の場合は口コミだけでなくオススメの学習方法などが掲載されたサイトもあるので、参考にしてみると良いかもしれませんね。


④教材は1度にたくさん利用しない方が良い?

DMM英会話では無料で64種類もの教材を利用できるので、一度にたくさん利用して得をしたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、筆者は一度に3つ以上の教材を利用することをオススメしません。

なぜなら、理由は2つあります。

1つ目は、英語は毎日継続的に行うことで効果が出やすい教科だからです。1日で複数個教材を学習するとなるとそれなりの時間を要してしまいます。忙しい時期でも継続できるように、無理のない学習量を設定し、取り組みましょう。

2つ目は、DMM英会話の1レッスンの時間が25分の設定となっているからです。1レッスンで複数個の教材を指定して受講することも可能ですが、複数個の教材を利用する場合、25分という時間ではどれも中途半端な解説となってしまう恐れがあります。1レッスンの時間で1つの教材を重点的に学習した方が効果が高いでしょう。

筆者としては、アウトプットがメインの教材とインプットの教材を1つずつ利用することがオススメです。例えば、アウトプットがメインの教材をレッスンで受講し、空いている時間を利用して単語などを英語学習アプリ「iKnow!」でインプットすると効果的かもしれませんね。

教材を選択し、対応する講師の授業を予約する

学習する教材が決定しましたら、今度はレッスンを受講する講師を予約しましょう。

人気な講師(特にネイティブ講師)の場合は予約が取りにくいので、事前に予約だけでも入れておくと良いでしょう。

受講したい先生が決定した場合、下の写真のように、講師の予約ページに移ります。

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/book/index/51165980/24940/)

講師の予約ページで取り扱って欲しい教材をリクエストすることができますよ。下の写真にある「レッスン内容」から教材を選択することができます。

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/book/index/51165980/24940/)

1つのレッスンで一緒に取り扱ってほしい教材がある場合は、下の写真にある「その他の希望」に記載しましょう。一緒に取り扱ってほしい教材のURLも一緒に記述しておくといいかもしれませんね。

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/book/index/51165980/24940/)

また、25分のレッスン時間を教材に最大限利用したい方は、レッスン前の自己紹介を省いたり、25分の時間の使い方を指定したりすることもできるので、事前予約の情報はしっかりと共有しておきましょう。レッスンの予約をする際にオススメのポイントをまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

 

【レッスンの予約時のオススメポイント】

①「その他希望の欄」を日本語ではなく英語で書きましょう。

②教科書の内容のみならず、フリートークにも挑戦してみたい人は「レッスン前にお互いの自己紹介の時間を設けて欲しい」を選択しましょう。また、話を発展させるために、あらかじめ「その他希望の欄」に自己紹介を簡単に記述しておくと良いでしょう。

③25分と1レッスンの時間が短いため、25分の時間の使い方を事前に考えておくとレッスンを最大限に活用することができますよ。「その他希望の欄」に、希望するレッスンの大まかな時間の使い方を記述しておくと良いでしょう。

 

 

予習・復習を行う

1レッスンごとに毎回予習・復習を行いましょう。1〜1.5時間ほどかけて、予習 → レッスン → 復習の1サイクルを行うことがオススメです。

予習・復習のオススメの方法をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【予習・復習のオススメの方法】

◯予習編
→予習を行う目的は、レッスン時で教材への理解度が十分となることです。理解度が十分になるために必要なことを事前に準備しておきましょう。

①問題を解いてみる
②不正解だった問題と、正解だったけどなぜこれが正解なのかがわからない問題に印をつけておく
③わからない単語の意味を調べてまとめておく
④うまく日本語に訳すことのできなかった文章に印をつけておく
(⑤25分のレッスンの時間配分を想定しておく。希望の時間配分は、事前に講師に共有しておくと良いでしょう)

◯復習編
→復習を行う目的は、教材への理解度が十分であるかどうかを確認することです。もし、復習で新たにわからないことがあった場合は次回のレッスンで質問してみると良いですね。

①もう一度メモもない真っ白な教材で問題を解いてみる
②不正解だった問題と、正解だったけどなぜこれが正解なのかがわからない問題に印をつけておく
③わからない単語の意味を調べてまとめておく
④うまく日本語に訳すことのできなかった文章に印をつけておく
⑤②〜③をレッスン時に記録したメモをみて、答えと解説を思い出せるかどうか確かめる
⑥⑤の時にわからないものは、次回のレッスンで質問をする
⑦理解度が上がるまで繰り返す

 

 

<おまけ>DMM英会話のおすすめの教材は?

最後に独学.funのDMM英会話でのオススメの教材を2つご紹介します。もしよろしければ参考にしてみてくださいね。

①中級〜上級者向け!デイリーニュース

(引用:https://app.eikaiwa.dmm.com/daily-news)

中級〜上級者向けのオリジナル教材です。

アメリカの国営放送局であるVOAの英語ニュースを通して英語学習が行える教材です。様々なテーマのニュースがレベル別に用意されています。

比較的興味を持ちやすいテーマが多い上に、読み応えのある文章ばかりです。また、文章全体を理解しなければ正解できない良問ばかりですので、読解力を鍛えることができます。

毎日新しい教材が更新されるので、新しいテーマを楽しみに英語学習に取り組むことができますよ。

②初級〜中級者向け!SIDE by SIDE

(引用:http://eikaiwa.dmm.com/blog/42907/)

初級〜中級者向けの出版社教材です。Pearson Education出版の世界的大ベストセラーのコースブックです。

この一冊さえあれば、話す・聞く・書く・読むの4技能を習得できる優れものです。また、カラフルなイラストが多く描かれているので、初心者の方も抵抗なく取り組むことができますよ。

SIDE by SIDEは、「反復練習」がたくさんあるテキストです。構文を何度も繰り返すことによって記憶を定着させることができます。

 

 

その他のDMM英会話に関する情報ページはこちら