「英語の本を読めるようになりたい」

TOEICで高得点を取りたい」

英語を勉強する理由は人それぞれですが、英語を勉強する全ての人が「英語の文章をスラスラ読みたい」と思っているはずです。とは言え読解力を鍛えるための勉強方法っていろいろあり過ぎて、何が正解なのか分からないですよね。独学で勉強を始めてみたものの、全然英語の文章が読めるようにならなくて苦労している人も多いはず。

そこで本記事では、英語の文章を読めるようになるための勉強方法について解説していきます。読解力を鍛えるためのおすすめの教材についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.英語の文章を読むためにはとにかく経験が必要

難しい英語の文章を読んでいる際、

・途中で何の文章を読んでいるのか分からなくなる

・文章中に出てくる単語の意味が全く分からない

こんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

しかし一方で日本語の文章を読んでいる際は、たとえ途中で難しい言葉が出てきたとしても、最後まで読み進めることができますよね。日本語の文章をスラスラ読めるのは、これまでの人生で何度も日本語の文章を読んできたからです。

一方で英語の文章は、せいぜい学校の授業や受験勉強で読んできた程度です。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、英語の文書でも読むことに慣れてしまえば、スラスラ読むことができるようになります。日本語の文章が読めて英語の文章が読めないのは、単に英語に触れてきた時間が少ないからです。

 

2.英語の文章をスラスラ読むための勉強方法

多くの英語学習者の課題でもある、英語の文章読解。一言に英語の文章といっても様々なものがありますが、どんな文章にも共通する読解のコツが存在します。

ここでは英語の文章をスラスラ読むための勉強方法について紹介していきます。

 

2.1.とにかく「多読」すること

英語の文章に慣れるためには、とにかくたくさんの英語に触れることが大切。いわゆる「多読」と呼ばれる勉強方法です。

まずは下記の3つのポイントを意識しながら英語の文章を読んでみましょう。

・自分の興味のある分野から読み始める

・分からない単語は一旦飛ばす

・毎日読む

最初は中学生レベルの簡単な文章からスタートしても大丈夫です。とにかく挫折しないためにも、読んでいて楽しい分野と適切な難易度を選択するようにしましょう。毎日英語の文章を読むことで、英語を読むという行為に抵抗がなくなってきます。

 

2.2.単語は文章を読む上での基礎の基礎

多読と並行して行いたいのが、単語の学習です。単語は知っていれば知っているほど、難しい文章を読めるようになります。まずは自分が英語を勉強する目的に合わせて覚える単語の種類を決めていきましょう。

【例】

「英語のニュースを読めるようになりたい」

ビジネス関連の英単語

TOEICで高得点を取りたい」

TOEIC頻出の英単語

分からない単語が減ってくれば、英語の文章の意味が理解できるようになるだけでなく、読解のスピードも上がっていきます。単語の暗記は地道な作業であり、挫折してしまいがちですが、英語の文章をスラスラ読めるようになりたいなら避けては通れない道です。

 

2.3.英文を「カタマリ」で読むことを意識する

いわゆる「フレーズ・リーディング」と呼ばれる英語の文章の読み方です。英語が得意な人は無意識のうちに実践している方法で、下記のように英語の文章をカタマリで区切って読んでいきます。

【例】

Taking enough nutrition/is important/on a diet./

十分な栄養摂取/大切です/ダイエット中は/

「ダイエット中は十分な栄養摂取が大切です。」

英語の文章をカタマリで区切りながら読むことで、読解の精度とスピードの両方が向上します。このフレーズ・リーディングが無意識のうちにできるくらい、英語の文章をたくさん読み込みましょう。

 

2.4.話の流れを把握しながら文章を読む

特に難しい英語の文章を読む際は、話の流れを見失いがちです。

話の内容を理解するには、

・何に対して問題提起をしているのか

・著者の主張は何なのか

・結論は何のか

といったことを常に考えながら文章を読むことが大切。

具体的には、「つなぎ言葉」を意識しながら文章を読むと流れが掴みやすいです。

【例】

however:しかしながら

as a result:結果として

after all:結局

therefore:それゆえ

because of:~が原因で

つなぎ言葉の後には文章の中でも特に大事な主張が表れやすいので、注意して読み進めましょう。

 

2.5.文章を音読することも大切

一見リスニングやスピーキングのトレーニングのようにも思える音読ですが、実は音読は読解力の向上にも繋がります。

例えばある歌の歌詞を丸々覚えたいと思った場合、実際に曲を歌いながらの方が記憶に定着しやすいですよね。英語の勉強についても同様で、音読をすると文章中の単語や熟語、文法などが記憶に定着しやすくなります。

また英語の文章を黙読していると、英語を日本語に訳すために、無意識のうちに頭の中で英語を並び替えてしまいます。頭の中で英語を並び替える作業は、英語の文章を読むのに時間がかかる原因の1つです。しかし音読を繰り返すことで、頭の中で英語を並び替えることなく、英語を英語の順番のままで理解することに繋がります。

英語の文章は黙読するだけでなく、音読もセットで行うようにしましょう。

 

2.6.TOEIC学習者向け】設問は先に読むべき

TOEICの長文読解の正答率を上げたい場合は、本文を読む前に設問を先に読むことを心掛けましょう。

先に設問を読むことで、必要な部分のみに意識を集中して文章を読むことができます。不要な部分は読み飛ばせるようになるので、読解のスピードアップにも繋がります。TOEIC学習者はぜひ試してみてください。

 

3.英語の文章読解におすすめの教材

英語に限った話ではありませんが、教材選びは勉強の質を左右します。特に英語の文章読解においては様々な教材が世の中に出回っているため、どれを使って勉強したら良いのか迷ってしまいますよね。

ここでは、英語の文章をスラスラ読めるようになるためのおすすめ教材について紹介していきます。

レベル別に教材をピックアップしていきますので、教材選びの参考にしてみてください。

 

3.1.初級レベル【TOEIC500点】

英文読解入門基本はここだ!(参考書)

英語の文章を読むための基礎の基礎が解説されています。扱われている例文は中学・高校レベルの簡単なものばかりですので、英語初心者でも理解がしやすいです。まずはこの参考書で読解の基礎を学んだ上で、英語の文章を読んでいきましょう。

英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版

 

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本(参考書)

速読(英文を早く読むこと)に焦点を当てた参考書です。速読のノウハウを学びつつも、アメリカ文化に関するエッセイやビジネスメールなど、実用的な英語の文章を読むことができます。また11レッスン勉強すれば、3週間でテキストが終了する構成になっており、短期間で集中して勉強したいという人にもおすすめできます。

はじめての英文速読 3週間で英文速読の基礎が身につく本

 

「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本(参考書)

英語の文章読解の教材としてよく用いられる「ハリーポッター」。しかし原作は難しい単語や文法も多く、英語初心者が挑戦するとすぐに挫折してしまいます。

この参考書は、ハリーポッターの原作に出てくる魔法関連の単語やイギリス英語特有の言い回しを11つ解説しています。またハリーポッターシリーズの背景についても解説しているので、原作を読んだ際にストーリーが頭に入ってきやすくなるでしょう。

先にこの参考書を読んでおくことで、英語初心者でもハリーポッターの原作に挑戦できるはずです。

「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本

 

News in LevelsWebサイト)

News in Lvevles

世界中の英語ニュースを集めたサイトです。同じ記事に対してレベル別に英語の文章が掲載されているため、自分のレベルに合わせてニュースを読むことができます。ほぼ毎日世界の最新ニュースが更新されているため、空いた時間にニュースを確認する感覚で勉強しても良いですね。

 

POLYGLOTS(アプリ)

世界中の様々なニュースを集めた、英語学習アプリの定番です。このアプリの最大の特徴は、知らない単語が出てきた際、タップするだけで単語の意味を教えてくれるという点。知らない単語でいちいち躓くことなく、スラスラと英語の文章を読み進めていくことができます。また一度調べた単語は辞書に登録されるため、分からなかった単語の復習にも使えます。

POLYGLOTS

 

□スタディサプリENGLISH TOEIC(アプリ)

TOEICに必要な「リスニング」「リーディング」「単語」「文法」を空いた時間に携帯・PCから勉強することができます。低価格で簡単に英語を勉強できる点が人気のサービスです。特に、2018年3月にリリースした「パーソナルコーチプラン」は、スコアアップの声が増えており、注目を集めています
スタディサプリ ENGLISH TOEIC

 

3.2.中級レベル【TOEIC500700点】

イチから鍛える英語長文500(参考書)

大学入試レベルの英語の文章で構成された参考書です。11つの文章に対してとても詳しい解説がついているので、独学でも学習しやすいのが特徴。また音声CDがついているので、音読の練習もしやすいです。

イチから鍛える英語長文500

 

世界一わかりやすい 英文読解の特別講座(参考書)

秀英予備校の人気講師、関正生先生の著書です。英語の長文を読む際に大切なことが厳選してまとめられていますので、読解力を身に付けたい人はぜひ読んでおきたい一冊です。

世界一わかりやすい 英文読解の特別講座

 

The Japan TimesWebサイト)

日本の文化や時事ネタを英語で発信しているサイトです。日本人にとっては当たり前の話も多いですが、外国人でも理解できるよう丁寧に解説されています。比較的難しい単語や文法が多いものの、内容が日本に関する話なのですんなり頭に入ってくるはず。英語中級者におすすめの多読用サイトです。

The Japan Times

 

LissN(アプリ)

日経グループのニュースを英語と日本語の両方で配信しているアプリです。最新のニュースを確認しつつ、英語の学習をすることができます。また音声で記事を読み上げてくれる機能もあるので、音読の練習をすることも可能です。

LissN

 

3.3.上級レベル【TOEIC700点~】

基礎英文問題精講(参考書)

タイトルに「基礎」とついていますが、上級者向けの参考書です。英語の文章を読む上で重要となる文法や構文が解説されています。この参考書1冊をやり切れば、英語の文章を読むための土台が出来上がるはず。単語と文法をある程度身に付けたら挑戦したい参考書です。

基礎英文問題精講

 

OddeeWebサイト)

世界中の面白い話、奇妙な話などを集めたサイトです。比較的短めの記事が多いので、ちょっとしたスキマ時間に英語の文章を読むことができます。読んでいて楽しい記事ばかりですので、多読にはピッタリです。

Odee

 

BBC NEWS(Webサイト)

世界の最新ニュースを配信しているサイトです。ジャンルとしては政治や経済、スポーツなど様々。英語の難易度は高めなので、それなりの文法力と語彙力がないと読解できません。このサイトに載っている英語の文章が読めるようになれば、胸を張って「英語の文章が読める!」と言えるでしょう。

BBC News

 

TED(アプリ)

TEDとは、世界中の著名人がスピーチを行う講演会です。TEDの公式アプリを使えば、過去の公演を全て無料で視聴することができます。

リスニングの教材としてよく使われるアプリですが、スクリプト(原稿)も一緒に配信されているので、読解のトレーニングにも使えます。ユニークなスピーチもたくさんあるので、楽しみながら英語を学ぶことができるはずです。

TED

 

4.英語の文章読解は、とにかく練習あるのみ

本記事では英語の文章を読めるようになるための勉強方法とおすすめの教材について紹介しました。

記事の中でも解説しましたが、英語の文章をスラスラ読むためにはとにかく経験が必要です。日本で生まれた大抵の人は英語とあまり関わらずに育ってきているので、最初は英語の文章を読むのに苦労して当たり前です。

しかし毎日英語を読み続ければ、英語の文章でも少しずつ理解できるようになってきます。本記事の内容が、英語を勉強している人の参考になってくれれば幸いです。