海外企業への就職やインターシップ、海外で新たなチャレンジをするにあたって、英語での面接は避けて通れません。

面接はただでさえ緊張するのに、英語の面接ともなると更にハードルが上がりますよね。

そこで本記事では、英語の面接のコツや覚えておくと役立つフレーズについて紹介していきます。

英語の面接にチャレンジしようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.英語の面接でチェックされているポイント

日本企業と海外企業の面接試験では、それぞれチェックされるポイントが異なってきます。

仮に英語が得意だったとしても、日本の面接の感覚で臨むと思わぬ落とし穴にハマってしまう可能性も。

ここでは、英語の面接でチェックされるポイントについて解説していきます。

 

1.1.即戦力であるかどうか

日本企業の採用活動は、入社後の教育を前提として人材を選ぶ傾向にあります。

しかし海外企業は、とにかく入社後すぐにでも自社に貢献してくれる人材を求めています。

よって面接を通じていくら人間性が評価されたとしても、自分の実力をアピールできなかったら意味がありません。

海外企業における面接は、自分は即戦力であるというアピールが採用に繋がります。

 

1.2.学生時代の成績や実績

海外企業は応募者が即戦力であるかどうかを判断するために、学生時代の成績や実績を大いに参考にします。

優遇されそうな実績は履歴書に記載するだけでなく、面接中にもしっかりアピールすることが大切です。

 

1.3.積極性があるかどうか

積極性は日本の面接でもチェックされますが、海外企業の面接ではより重視される傾向にあります。

英語が苦手だろうととにかく自分の個性を出し、面接官に熱意を伝えることが求められます。

 

1.4.最低限のマナー

「無地で黒のリクルートスーツ」など、日本の面接は堅苦しいマナーが多い印象があります。

確かに世界的に見ても日本の面接におけるマナーは厳し過ぎる面がありますが、海外の企業においてマナーが全くチェックされないかと言われたら決してそうではありません。

国によってマナーを重視する度合いは違いますが、その国の文化においてどんなマナーが求められるのかは事前に調査しておきましょう。

 

1.5.「英語力」はあくまで1つの判断材料

英語の面接を受けるとなると、どうしても上手く英語が話せるかどうかを心配してします。

しかしあくまで面接官が見たいのは、あなたの人間性や実力です。

確かにコミュニケーションを取る上での最低限の英語力は求められますが、多少下手くそな英語でも他の面で十分にカバーはできます。

英語の面接でも、面接の本来の目的を忘れないようにしましょう。

 

2.英語の面接における6つのコツ

初めての英語の面接は緊張するし、不安もいっぱいなはずです。

英語の面接に臨むにあたっては、いくつかのコツを押さえておくことが大切。

ここでは、英語の面接におけるコツについて解説していきます。

 

2.1.回答の丸暗記は逆効果

あらかじめ質問への回答を作っている人も多いかもしれませんが、事前に準備をしていても想定外の質問がくる可能性は十分にあります。

あらかじめ用意していた回答が使えない状況になると、逆に焦ってしまうだけです。

また面接官も人材を見るプロですので、「あ、用意していた文章を読み上げているな」と勘付いてしまうことも。

回答の丸暗記はメリットよりもデメリットの方が大きいので注意しましょう。

 

2.2.ゆっくりとハキハキと話す

英語の発音やアクセントが苦手な人が早口で話すと、相手は何を言っているのか聞き取れない場合があります。

また小さい声でボソボソ話すのも、相手に英語が伝わらない原因の1つ。

面接でどんなに良い回答をしたつもりでも、相手に伝わっていないのであれば本末転倒です。

英語が苦手な人ほど、ゆっくりハキハキを心掛けるようにしましょう。

 

2.3.「丁寧な英語」を心掛ける

英語に「敬語」という概念はありませんが、目上の人に対して使う「丁寧な英語」は存在します。

例えば、

×I want to

I would like to

×Tell me

Let me know

などです。

フランクな表現は相手に対して失礼となる場合もあるので、面接中は十分に気を付ける必要があります。

 

2.4.ジェスチャーを取り入れる

英語が苦手な人ほど、ジェスチャーは話し言葉の補助として役立ちます。

・たくさんあることを表現したい

両手で大きな円を描く

・数を表現したい

指を使う

など、ジェスチャーが入るだけで自分の気持ちは一気に伝わりやすくなります。

また多くの外国人は英語を話す際にジェスチャーを日常的に取り入れているため、面接においてジェスチャーが失礼にあたるということはありません。

自分の情熱はジェスチャーを交えて積極的にアピールしていきましょう。

 

2.5.英語を話す・聞くだけに集中しすぎない

英語を話す・聞くだけに集中しすぎると、面接の本来の目的を忘れてしまいがちです。

特に英語が苦手な人にありがちな傾向で、英語だけに集中しすぎることで本来自分がアピールしたかったことを伝えそびれてしまいます。

もちろん英語を正しく話す・聞き取るというのも大切ですが、それだけが全てではないということを心得ておきましょう。

 

3.英語の面接で使えるおすすめフレーズ

続いては、英語の面接で使えるおすすめフレーズについて紹介していきます。

面接で頻繁に使う表現ばかりですので、自然に出てくるよう前もって練習しておきましょう。

 

3.1.最初の挨拶をする時

面接が行われる部屋に入ったら、まずは挨拶です。

最初の一言目としては、

Hello. My name is. (もしくは I’m.)

(こんにちは。~と申します。)

とシンプルに「挨拶+自分の名前」が一般的です。

そして二言目としては、

I’m here for the interview.

(面接のために伺いました。)

と面接に来た旨を伝えましょう。

また欧米の企業だと、このタイミングで面接官と握手をすることもあります。

最初の挨拶は第一印象を決めるものでもあり、その後の面接内容にも影響してくる可能性があります。

笑顔で元気よく挨拶をしましょう。

 

3.2.簡単な世間話をする時

挨拶をした後は簡単な世間話(スモールトーク)を持ちかけられることが多いです。

【面接官】

How did you come here?

(ここまで何で来ましたか?)

【回答例】

By bus

(バスで来ました。)

On foot.

(徒歩で来ました)

【面接官】

Didn’t you have a hard time finding here?

(ここまで来るのに苦労しなかったですか?)

【回答例】

No, the map on your website told me here.

(いいえ。Webサイトの地図を見たらこの場所が分かりました。)

Yes, to be honest, I was a bit lost. But someone who was kind told me the way.

(はい、正直少し迷いました。しかし、親切な方が道を教えてくれました。)

面接結果を直接左右するやり取りではないですが、第一印象に関わるやり取りですので、ハキハキと答えましょう。

また単純に「Yes」や「No」だけでなく、きちんと言葉を添えて会話を盛り上げるのも大切です。

 

3.3.自己紹介をする時

多くの面接は、

Please introduce yourself briefly.

(簡単に自己紹介をしてください。)

Tell me about yourself.

(あなたのことについて教えてください。)

といった面接官の言葉で、自己紹介を求められます。

長々と話すことは求められていないので、手短に

・何大学で何を専攻していたのか

・どんな仕事をどれくらいしていたのか

・どんなスキルや資格があるのか

などを伝えましょう。

【回答例】

I graduated 〇〇 University. My major was mechanical engineering.

(〇〇大学出身で、専攻は機械工学でした。)

I have been working as engineer at 〇〇 corporation for 3 year.

(〇〇社で3年間エンジニアとして働いていました。)

I have a qualification of an design engineer.

(設計技師としての資格を持っています。)

自己紹介は要点を絞り、簡潔にまとめるのが大切です。

 

3.4.志望動機を話す時

志望動機はほとんどの面接で聞かれる鉄板の質問ですので、前もってある程度の準備をしておく必要があります。

【面接官】

Why are you interested in our company?

(なぜ我々の会社に興味を持ったのですか?)

Why do you want to work here?

(なぜここで働きたいと思ったのですか?)

【回答例】

I applied for this job because.

(~という理由でこの仕事に応募しました。)

I’m impressed with your corporate policy.

(~という企業理念に感銘を受けました。)

日本での面接と同様、「なぜ他ではなくこの会社なのか」という明確な動機を説明することが大切です。

 

3.5.自分の長所・短所を話す時

長所・短所は志望動機と同様に鉄板の質問ですので、前もって自己分析をしておきましょう。

【面接官】

What’s your strength?

(あなたの強みは何ですか?)

【回答例】

I’m always calm no matter what happen.

(私は何があっても常に冷静な人間です。)

One of my strength is positive thinking.

(私の長所の1つは、ポジティブな考え方です。)

【面接官】

What’s your weakness?

(あなたの弱みは何ですか?)

【回答例】

I tend to focus on the detail.

(私は細かいことにこだわりがちです。)

My weakness is to be easy-going.

(私の弱みは能天気なところです。)

日本での面接と同様、長所には具体的な事例を、短所にはそれを補おうとしている気持ちを添えることが大切です。

 

3.6.面接官に質問をする時

面接の最後には、応募者側から面接官への逆質問の時間が与えられることがあります。

熱意を伝えるために積極的に質問をするのはもちろん、質問をして働く上での不安や疑問をその場で解消しておくことも大切です。

【面接官】

Do you have any question for us?

(何か質問はありますか?)

【回答例】

Let me know your employee benefit plan.

(福利厚生について教えてください)

What is the company aiming to achieve in this year?

(今期の会社としての目標は何ですか?)

What training for new employee do you provide?

(新人研修にはどんなものがありますか?)

 

4.【番外編】面接後のお礼のメールの書き方

面接が終わった後は、お礼のメールを送るとより丁寧です。

もし採用担当者のメールアドレスを知っているのであれば、お礼のメールは必ず送っておきましょう。

ここでは、面接後のお礼のメールの一例を紹介します。

【お礼のメールの書き方の例】

題名:Thank you for job interview.

本文:

Dear Mr.〇〇,

Thank you for giving me the opportunity for job interview today.

Through the interview, I’m happy to hear about your corporate policy more. After our discussion, I’m confident that my experience is very match for the position on your company.

Thank you again for taking the time for me today. I look forward to hearing from you.

Sincerely,

(本日は面接の機会を与えて頂きありがとうございました。面接を通し、御社の企業理念についてより深く知れたことを嬉しく思います。またお話しを終えて、私のこれまでの経験が御社での仕事に活きることを確信しております。改めて、本日は貴重なお時間をありがとうございました。ご連絡頂くのを楽しみにしております。)

メールの内容が大きく採用を左右するわけではありませんが、しっかりと誠意を伝えることが大切です。

 

5.ビジネス英語を身につけるのにおすすめの教材

5.1. 持ち運びしやすいおすすめ教材

テキスト以外にもスキマ時間で学習できるアプリもおすすめです。

アプリの中でも特にオススメは「スタディサプリENGLISH」です。こちらのアプリは教材購入の必要がなく、問題演習に加えて解説動画があることが特徴です。参考書などの文字だけではやはり頭に入りにくいという方にオススメです。

またスタディサプリENGLISH TOEICの評判はスタディサプリENGLISH TOEICでTOEIC勉強に革命が起きた。を読んでみてください。

スタディサプリ ENGLISH TOEICを無料体験する

 

 

5.2. 短期的に一気にTOEICスコアを上げるには

言語学を元にしたカリキュラムで、コンサルタントが毎日サポートし、スクール修了後も習慣的に英語学習が続けられるようになるというのが、このスクールの特徴です。

プランとして、短期間に 英語力アップを目指すコースがあるので、短期間で集中的に伸ばしたいという方にはおすすめのコースです。

無料でつまづきの原因がわかるカウンセリングも受けることができます。

レビュー記事はこちら Progrit(旧TOKKUN ENGLISH)の口コミ・評判まとめ。率直な感想や口コミをまとめました

Progrit(TOKKUN ENGLISH)を無料体験する

 

英語の面接でも、しっかり練習しておけば怖くない!

本記事では英語の面接のコツや覚えておくと役立つフレーズについて紹介しました。

確かに英語での面接は日本語での面接よりも何倍もハードルが高くなるので、不安だし緊張もしてしまいますよね。

しかし事前に何度も練習しておくことで、不安や緊張は徐々に和らいでいくはずです。

身近に英語が得意な人がいれば、面接官役を頼んで練習してみても良いでしょう。

本記事の内容が、英語の面接に挑もうとしている人の参考になってくれたら幸いです。