海外に郵便物を送る際、宛先の住所は英語で書く必要があります。

いざ英語で住所を書こうとすると細かい疑問点がたくさん湧いてきて、なかなか書き進められません。

「これで本当に届くのだろうか

「間違って違う住所に届いてしまったらどうしよう

と不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし基本さえ押さえておけば、英語の住所の書き方はそんなに難しいものではありません。

今回は正しい英語の住所の書き方を見本付きで解説していきます。

本記事を読むだけで、あなたの不安や疑問はきっと解決するはずです。

 

1.英語で住所を書く際の基本

まずは、英語の住所の書き方の見本を下記に示します。

#102 Totyo Garden, 2-8-2 Nishishinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 163-8001, Japan

(〒163-8001 東京都新宿区西新宿2丁目8番地2 都庁ガーデン102号室)

この英語の住所を使い、まずは英語で住所を書く際の基本的な事項について解説していきます。

「東京都庁」の住所を例としていますが、建物名等は架空のものです。

 

1.1. 「日本語とは逆の順番」が基本中の基本

日本語の住所とは逆の順番で書いていくというのが、英語の住所の基本です。

【日本語】

(国)→都道府県→都道府県→市町村区→区画→番地・号→建物名・部屋番号

【英語】

建物名・部屋番号→番地・号→区画→市町村区→都道府県→都道府県→国

広い範囲から狭い範囲へと書いていくのが日本の住所の書き方ですが、狭い範囲から広い範囲へ書いていくのが英語の住所です。

慣れるまでは少し大変ですが、英語で住所を書く際の基本中の基本となります。

 

1.2. 郵便番号の書き方

英語の郵便番号は基本的に日本語と同じ書き方ですが、「〒」だけは日本特有の記号であり、英語では使いません。

【日本語】

163-8001

【英語】

163-8001

日本語の住所の場合、郵便番号は郵便物の左上のあたりに記載されているイメージが強いですが、英語の住所の場合は都道府県の後ろに郵便番号がきます。

 

1.3. 都道府県・市町村の書き方

都道府県や市町村は固有名詞として扱います。

英語に訳す必要はなく、そのままローマ字で書けば大丈夫です。

【日本語】

東京都新宿区

【英語】

Shinjuku-ku, Tokyo

ちなみに「東京」は広く認知されている地名であるため、東京都の「都」まで英語にしなくても通じます。

県や市であることを明記したい場合は、「Kanagawa-ken」や「Yokohama-shi」のようにハイフンを入れて表現します。

Kanagawa Prefecture」や「Yokohama City」のように書いても誤りではありませんが、住所が長くなり書くのも面倒なため、「-ken」や「-shi」だけで十分です。

 

1.4. 丁・番地・号の書き方

日本語の場合、「丁・番地・号」は「2丁目8番地2号」のようにも書くし、「2-8-2」のようにも書きます。

しかし英語の場合は、シンプルに「2-8-2のようにしか書きません。

【日本語】

2丁目8番地2

【英語】

2-8-2

-banchi」や「-gou」とローマ字表記するのは一般的ではないので注意しましょう。

 

1.5. 建物名の書き方

都道府県や市町村と同様、建物名も固有名詞として扱います。

英語に訳す必要はなく、そのままローマ字で書けば大丈夫です。

「ガーデン」のように建物名の中に英単語が使われている場合は、その英単語の正しい綴りで書きます。

【日本語】

都庁ガーデン

【英語】

Totyo Garden

 

1.6. 部屋番号の書き方

英語で部屋番号を書く場合は、数字の先頭に「#を付けます。

【日本語】

102号室

【英語】

#102

部屋番号は「Totyo Garden #102」のように建物名の後に付けても良いし、「#102 Totyo Garden」のように建物名の前に付けても良いです。

 

1.7. 私書箱に郵便物を送りたい場合は?

私書箱に郵便物を送る場合は、PO Box」と表記します。

【日本語】

私書箱 101

【英語】

PO Box 101

ちなみにPo BOXは「Post-offiice BOX」の略です。

POB」と略しても通じます。

 

1.8. 会社宛てに郵便物を送りたい場合は?

会社宛に郵便物を送る場合は、「会社名+Attention: 担当者名」で表記します。

【日本語】

ドクガク社 山田様

【英語】

Dokugaku inc. Attention: Mr.Yamada

部署が複数ある会社の場合は、担当者名の前に部署名を入れた方が親切です。

【日本語】

ドクガク社 人事部 山田様

【英語】

Dokugaku inc. Attention: Personnel Department, Mr.Yamada

下記に代表的な部署名の英語を示します。

・総務部:general affairs department

・人事部:personnel department

・経理部:accounting department

・営業部:sales department

・開発部:development department

・広報部:public relations department

 

2.英語で住所を書く際の注意点

続いては、英語で住所を書く際に注意するべき点について解説していきます。

簡単な注意点ですが、住所を読む配達員の人に対しても親切な書き方をすることで、より確実に郵便物を相手の元へを届けることができます。

 

2.1. 単語と単語の間は「,」で区切る

配達員の人が地名を理解しやすいように、単語と単語の間には「,」を入れましょう。

Yokohama-shi, Kanagawa-ken

×Yokohama-shi Kanagawa-ken

これは、「横浜市神奈川県」という県があると勘違いされないための配慮です。

「,」がなくても通じないこともないですが、英語の住所をより読みやすくして配達員の人の勘違いを防ぐことができます。

 

2.2. 固有名詞の1文字目は大文字にする

これは英語の基本ルールでもありますが、基本的に固有名詞の1文字目は大文字にする必要があります。

Yokohama-shi, Kanagawa-ken

×yokohama-shi, kanagawa-ken

これについても1文字目をわざわざ大文字にしなくても通じはしますが、英語の住所を読みやすくするための配慮の1つです。

 

2.3. 国際電話の番号を書く

何かトラブルがあった時のためにも、郵便物に電話番号を書いておくことは重要です。

しかしここで注意しなくてはいけないのは、海外に荷物を送る(もしくは海外から日本に荷物を送る)場合は、必ず国際電話の番号を書くという点です。

通常の電話番号を入力しただけでは、海外から電話を掛けることはできません。

+81-90-XXXX-XXXX

×090-XXXX-XXXX

国際電話の番号は、

「+」→「国番号」→「最初の0を除いた電話番号」

という順序で書きます。

下記に各国の国番号の一例を示します。

・日本:81

・中国:86

・韓国:82

・台湾:886

・ベトナム:84

・アメリカ:1

・イギリス:44

・イタリア:39

・ロシア:7

 

2.4. 国名を書くのを忘れない

日本では普段住所に国名を書く習慣がないだけに、1番忘れやすい部分です。

郵便局に対して海外に郵便物を送るということを伝えるための表記でもあるので、国名は必ず書くようにしましょう。

 

2.5 電話番号だけでなくメールアドレスまで書いておくことで、更に安心

郵便物にメールアドレスを書くことは必須ではありませんが、メールアドレスを書いておけば万が一荷物が紛失した時に連絡がもらえるかもしれないので、書いておいて損はありません。

ただし郵便物に記載したメールアドレスは多くの人の目に触れるというリスクもあるため、普段から使っているメインのメールアドレスではなく、サブのメールアドレスを記載しておくのが無難です。

 

3.英語で住所を書く際に役立つ知識

ここでは、英語で住所を書く際に役立つ知識について紹介していきます。

英語の住所を読む時にも役立つ知識ですので、覚えておきましょう。

 

3.1. 海外における郵便番号

郵便番号は世界中で採用されているシステムですが、形式や呼び方は国ごとに異なります。

米国の場合:ZIP Code

米国では、5桁のZIP Codeと呼ばれる郵便番号が採用されています。

1桁目は州、23桁目は州内の区域、45桁目は区域内での配達グループを表しています。

英国の場合:Postcode

英国では、英数字の両方を組み合わせたPostcodeと呼ばれる郵便番号が採用されています。

都市名だけでなく、通り名まで判別できるのが特徴です。

 

3.2. 「州」という考え方

米国をはじめとする様々な国において、「州」という区分が採用されています。

州は日本で言うところの「県」に近い区分であり、国内における最も大きな地域区分です。

米国の場合、全ての州には2字の略称が存在し、住所を書く際も2字の略称で書きます。

下記に米国における州の略称の一例を示します。

・アラスカ:AKAlaska

・カリフォルニア:CACalifornia

・ワシントンDCDCDistrict of Columbia

・フロリダ:FLFlorida

・ジョージア:GA(Georgia)

・ハワイ:HIHawaii

・イリノイ:ILIllinois

・ニューヨーク:NYNew York

・オハイオ:OHOhio

・テキサス:TXTexas

・バージニア:VAVirginia

 

3.3. 「通り」の略称

欧米の各国では、住所の中に「通り」が入ることが一般的です。

通りにも略称が用いられるため、英語の住所を理解するうえでは略称を理解しておくことが重要です。

下記に通りの略称の一例を示します。

大通り:Ave.Avenue)、Blvd.Boulevard

路地:Ct.Court)、Ln.Lane

街道:Dr.Drive

高速道路:Expwy.Expressway

公園通り:Pkwy.Parkway

広場:Pl.Place

道:Rd.Road

スクエア:Sq.Square

街:St.Street

 

3.4. 英語の住所の読み方

海外に行くと、英語で住所を読み上げるといったケースも少なからずあるはずです。

英語で住所を読み上げる際には、下記のような点に注意しましょう。

・しっかり「,」の位置で発音を区切る。

・数字は1桁ずつ読み上げる。

【例】163-8001one-six-threee,hyphen, eight-zero-zero-one

・部屋番号の「#」は読み上げなくて良い。

これだけ気をつけておけば、特に難しいことはありません。

 

4.英語の住所の書き方に困った時に便利なサービス

英語の住所の書き方に困った時に役立つのが、「JuDress」というサービスです。

使い方はとても簡単で、日本語の住所を入力するだけで、住所を英語に変換してくれます。

ただし、固有名詞の綴り等は正確に変換されないこともあるので、あくまで英語で住所を書く際の参考程度に留めておきましょう。

 

【参考】海外に郵便物を送る際の料金の目安

参考にまでに、日本から海外に郵便物を送る際の料金の目安を下記に示します。

1地域(アジア、アメリカ合衆国の海外領土、パラオ等)

定形手紙(~25kg

90

定形手紙(~50kg

160

はがき

70

 

2地域(オセアニア、中近東、北米、中米、西インド諸島、ヨーロッパ)

定形手紙(~25kg

110

定形手紙(~50kg

190

はがき

70

 

3地域(南米、アフリカ)

定形手紙(~25kg

130

定形手紙(~50kg

230

はがき

70

※20192月時点 参照:日本郵便 海外の料金表

 

英語の住所でも、基本を押さえておけば怖くない!

本記事では、英語の住所の書き方や注意事項について紹介しました。

たしかに英語の住所は日本語の住所とは勝手が違い、郵便物がきちんと届いてくれるのかどうか不安になってしまいます。

しかし書き方の基本さえ押さえておけば、英語の住所だろうと書くのは簡単です。

英語の住所の書き方に迷った時は、本記事の内容をおさらいして頂ければ幸いです。