英語を勉強しようと思ったら、まずは何かしらの教材を買いますよね。

とは言え近年は、英語学習に関する教材が星の数ほど存在しています。


「教材を購入してみたけど、結局使わなかった…。」

「どの教材が自分に合っているか分からず、あれこれ買い揃えてしまった…。」


こんな人も多いのではないでしょうか。


そこでは本記事では、
英語学習におすすめの教材を目的別に厳選して紹介します。

この記事を読めば、自分が求めている1冊が見つかるはずです。

 

目次

1.英語学習全般におすすめの教材

まずは英語学習全般におすすめの教材の紹介です。

ここで紹介する教材は、英語を勉強する目的を問わず、全ての人に読んで欲しい本となります。

英語を本気で上達させたいと思っている人は必見です。

 

英語上達完全マップ : 初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法/ベレ出版

(引用:http://urx.space/ZEem)

 

英語力をバランス良く向上させるためのノウハウやトレーニングメニューについて解説している教材です。

「英語初心者の大人」を対象としており、学校教育や留学以外の方法で英語力を身に付ける方法が学べます。

実例も多く解説されており、初心者でも内容が頭に入ってきやすいのが本書の特徴。

大人になってから英語を勉強しようと決意したら、まず読んでおきたい1冊です。

 

英語ネイティブ脳みそのつくり方/大和書房

(引用:http://urx.space/ZdFC)


日本人がどのようにすればネイティブのような思考になれるのかが解説されています。

メンタル面の話からノウハウまで、ネイティブレベルの英語を身に付けるための方法が分かります。

ルー大柴さんがテレビでよく使う「ルー語」を真似するなど、奇抜なメソッドも満載。

今は英語が苦手だけど、いつかはネイティブのような英語を身に付けたいと思っている人におすすめです。

 

世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法/ダイヤモンド社

(引用:http://urx.space/4bvU)


ハーバード大にてMBAを取得し、ゴールドマン・サックスやマッキンゼーで活躍してきた著者が、世界で通用する英語とはどんなものなのかを解説した書籍です。

「エリート」と聞くとどこか敷居が高いようにも思えますが、本書で推奨しているのはシンプルで簡単な英語のみを駆使してコミュニケーションを取るということ。

海外での就職や留学を考えている人は、ぜひ一度読んでおきたい1冊です。

 

2.リスニング学習におすすめの英語教材

続いてはリスニング学習におすすめの英語教材の紹介です。

リスニング学習の教材を選ぶポイントは、音声とスクリプトが掲載されているだけでなく、解説がしっかりとついているものを選ぶこと。

ただ音声を聞くだけでなく、重要な文法や単語を一緒に吸収することを意識すると、リスニング力は向上します。

 

2.1.初心者向けのおすすめリスニング教材

 

ゼロからスタート リスニング―だれにでもできる英語の耳作りトレーニング/Jリサーチ出版

(引用:http://urx.space/ZNKB)

人気予備校講師でもある安河内哲也先生の著書です。

トレーニングを11段階に分け、初心者でもリスニングを基礎から学べる構成となっています。

単語や短文のリスニングを経て長文のリスニングへと移行するスタイルで、これ1冊で英語初心者を脱却できます。

リスニングを1から学びたい英語初心者の人におすすめです。

 

英語耳 発音ができるとリスニングができる/アスキー・メディアワークス

(引用:http://urx.space/blVN)


英語の発音に焦点を当て、リスニングのノウハウを解説している教材です。

タイトルにある通り「発音ができるとリスニングができる」という考え方のもと、基本的な発音記号の読み方から、「bat」と「but」のような聞き分けが難しい音について論理的に解説しています。

これまで英語の発音を疎かにしてきたという人ほど、学びが多い1冊です。

 

2.2.中級者向けのおすすめリスニング教材

決定版 英語シャドーイング 

(引用:http://urx.space/Eprv)

 

お手本となる英語を真似して音読するトレーニング「シャドーイング」に焦点をあてた教材です。

シャドーイングを行うとネイティブのリズムや発音が頭に染み込み、リスニング力がグンとアップします。

ノウハウを1から解説しているので、リスニングの勉強にシャドーイングを取り入れてみたいと思っている人は必読です。

 

聞く英語/アルク

(引用:http://urx.space/0xMf)

英語の文章に「単語×速度×4カ国英語×長さ×話者の数」という4つのバリエーションを持たせ、効率良くリスニングを勉強できるよう構成した1冊です。

例文の内容も実践的で、実際のビジネスの場などでも役立つリスニングが学べます。

学んだリスニングを実戦で活かしたいという人におすすめです。

 

2.3.上級者向けのおすすめリスニング教材

AFN最強の生英語リスニング―スポット・アナウンスメント/アルク

(引用:http://urx.space/L3WV)

 

英語ラジオ放送「AFN」で実際に放送された「お知らせ」を収録しており、スピード・語彙ともにネイティブレベルに合わせてトレーニングが行える教材です。

内容はスポーツやドラマ、ビジネスと幅広く、これ1冊で様々なシーンにおけるリスニングを網羅できます。

ある程度のリスニング力があり、聞き取れる英語の範囲を更に広げたいという人におすすめです。

 

3.スピーキング学習におすすめの英語教材

続いてはスピーキング学習におすすめの英語教材の紹介です。

スピーキング学習の教材を選ぶ際は、実際のシチュエーションに即した例文が掲載されていることをしっかり確認しましょう。

実際のシチュエーションを想像しながらスピーキングの練習をすることで、より実践的な英会話が身に付きます。

 

3.1.初心者向けのおすすめスピーキング教材


たった30パターンで英会話! 「言いたいことが出てこない」をスッキリ解消/ダイヤモンド社

(引用:http://urx.space/Upoe)

30パターンの組み合わせのみで英語を話すというコンセプトの教材です。

30パターンとは言え全てが英会話の基礎となる重要フレーズであり、英語が自然と口から出てくるようになります。

英会話を学び始める入り口としておすすめの教材です。

 

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!/文響社

(引用:http://urx.space/w3dk)

全くの英語初心者が英語を話せるようになるメソッドをまとめています。

「『a』と『the』で迷ったら『ん』と発音する」、「海外旅行では『May I have』だけ使いこなせればOK

」など、奇抜だけど実戦的な方法が多数紹介されています。

英語が苦手だけど、とにかく英会話をマスターしたいという人におすすめです。

 

3.2.中級者向けのおすすめスピーキング教材


絵で見てパッと言う英会話トレーニング 基礎編/学習研究社

(引用:http://urx.space/wQwB)

タイトルの通り、絵をパッと見て実際に英語を話すトレーニングを行う教材です。

ただ英文を読んでいるだけでは学ぶことができない「英語の思考回路」を鍛えられるのが特徴。

独学だけど実戦的な英会話の練習がしたいという人にぴったりの教材です。

 

ネイティブ表現が身につく英会話/メディカル パースペクティブス

(引用:http://urx.space/Z3K2)

おしゃべりな4人家族の日常会話を通じ、英会話を学んでいく教材です。

絵本タッチで読みやすく、イラストと一緒に飽きずに学習が進められます。

とにかく楽しみながら英会話を学びたいという人におすすめです。

 

3.3.上級者向けのおすすめスピーキング教材


英会話日常表現大辞典10000+/アルク

(引用:http://urx.space/Xz1q)

英会話における頻出表現を辞書のようにまとめた1冊です。

旅行、ビジネス、学校など、ありとあらゆるシチュエーションを網羅しており、毎日少しずつ覚えていけば着実にスピーキング力はアップしていきます。

とにかくたくさんのフレーズが掲載されているので、「こういう時、何て言うんだろう」と疑問を抱いた時に辞書代わりにもなる教材です。

 

4.リーディング学習におすすめの英語教材

続いてはリーディング学習におすすめの英語教材の紹介です。

リーディング力を向上させるためには、学習における質と量の両方が求められます。

解説が充実していて、かつたくさんの演習ができる教材を選びましょう。

 

4.1.初心者向けのおすすめリーディング教材


究極の英語リーディングVol. 1/アルク

(引用:http://urx.space/wct7)

基礎的な単語のみで、難易度の低い英文を中心に構成された教材です。

手紙やエッセイから、物語やウェブサイトまで、英文の種類は様々。

初心者向けの難易度となっているので、英語が全然読めないという人にでもおすすめできます。

 

単語を覚えたのに読めない人のための 英文読解のオキテ55/KADOKAWA

(引用:http://urx.space/JVvS)

リーディングに必要な55個のテクニックを解説しています。

複雑な英文でも、本書で紹介されている法則を当てはめるだけで不思議と読めるようになります。

まさにタイトル通り、単語を覚えたのに英文が読めないという人におすすめです。

 

4.2.中級者向けのおすすめリーディング教材

 

2週間で英語の読解スピードが3倍になる本/アスク

(引用:http://urx.space/GaWi)

読解スピードアップを目的とした教材です。

スキミングやスキャニングといった速読に必要なメソッドが詰め込まれており、短期間で読解スピードを確実にアップさせることができます。

長文をサクサク読めるようになりたいという人に試して欲しい1冊です。

 

4.3.上級者向けのおすすめリーディング教材


ポレポレ英文読解プロセス50/代々木ライブラリー

(引用:http://urx.space/NHPW)

1993年に出版された教材ですが、受験や資格対策などにおいて未だ多くの人に愛用されている1冊。

「なぜそうなるのか」というプロセスを重視し、リーディングを論理的に学ぶことができます。

それなりに英語力に自信がある人でも、多くの学びがある教材です。

 

 

5.ライティング学習におすすめの英語教材

続いてはライティング学習におすすめの英語教材の紹介です。

特に英語の勉強が高校まででストップしている人は、ライティングをみっちり学ぶ機会は少なかったはずです。

教材を通じ、しっかりとノウハウを学びましょう。

 

5.1.初心者向けのおすすめライティング教材


はじめて英語で日記を書いてみる/ベレ出版

(引用:http://urx.space/QfV2)

1〜2行のシンプルな文章のライティングから始めていく、初心者向けの教材です。

英語の日記で使えるコツやシンプルなフレーズが紹介されており、すぐにでも英語を書き始めることができます。

まずは簡単な英語を書く練習から始めたいという人にぴったりです。

 

5.2.中級者向けのおすすめライティング教材


英語ライティングこれ一冊: 英検・TOEFL・IELTSに共通する基礎 /ベレ出版

(引用:http://urx.space/GXnw)

英文を書く際のルールや構成を一通り学べる1冊です。

英検やTOEFLといった資格試験にも対応しており、あらゆるシーンで応用できるライティングが学べます。

ライティングの基礎をしっかりと身に付けたいという人におすすめです。

 

5.3.上級者向けのおすすめライティング教材

ハーバード式 5行エッセイ英語学習帳/コスモピア

(引用:http://urx.space/Ruml)

様々なお題に沿って、英文を書く練習ができる教材です。

各お題に対する回答例も掲載されており、自然な英文の書き方を実戦も交えて学べます。

書ける英文のバリエーションを増やしたいという人にぴったりの教材です。

 

6.TOEIC対策におすすめの英語教材

最後はTOEIC対策におすすめの英語教材の紹介です。

TOEICには、通常の英語学習とはちょっと違ったコツやテクニックが求められます。

TOEIC対策専用の教材を用いて、点数アップを目指しましょう。

 

6.1.初心者向けのおすすめTOEIC教材

 

TOEIC L&Rテスト はじめてでも600点が取れる!/成美堂出版

(引用:http://urx.space/zO3v)

タイトルの通り、初めてでもTOEIC 600点を目指せる教材です。

TOEICの試験における解答テクニックも紹介されており、最小限の勉強で600点が狙えます。

英語が苦手でTOEICも受けたことがないという人は、この教材から勉強を始めてみましょう。

 

6.2.中級者向けのおすすめTOEIC教材


公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5/国際ビジネスコミュニケーション協会

(引用:http://urx.space/J13V)

TOEIC本番と全く同じ形式で作られた模擬試験集です。

模擬試験集と言えど、1問1問に対して細かな解説がついています。

ある程度の基礎をつけた後、本番前に解く1冊としておすすめです。

 

6.3.上級者向けのおすすめTOEIC教材


TOEIC L&Rテスト 860点奪取の方法/旺文社

(引用:http://urx.space/Xbuk)

TOEIC 860点を目標とした、上級者向けの教材です。

パート毎に、テストで役立つテクニックや問題の目の付け所を解説しています。

内容は高度ですが、TOEICで高得点を目指すのであれば解いておきたい1冊です。

 

6.教材と英会話サービスの組み合わせでさらなる成長を!

教材で英語を独学することの他に、英会話サービスを利用することもおすすめです。

そんな英会話教室の中でもおすすめなのが、Progrit。Progritは、英語コーチングサービスです。プロのトレーナーから、効率的に英語を学ぶことができますよ。

レビュー記事はこちら Progrit(旧TOKKUN ENGLISH)の口コミ・評判まとめ。率直な感想や口コミをまとめました

 

 

7.英語力アップのカギは教材選び!

英語学習におすすめの教材を目的別に紹介しました。

日常生活の中で英語を使う機会のない我々日本人にとって、英語を学ぼうとしたら教材は必須アイテムです。

教材は貴重な情報源となるからこそ、その内容や質が問われます。

自分に合った英語教材を見つけて、効率的に英語を学びましょう。