英語でエッセイを書くのって、難しいですよね。

日本語で書くのすら難しいエッセイを英語で書けと言われても、手が止まってしまうのは当たり前です。

 

しかし英語のエッセイは、文章の構成やコツを理解していれば案外簡単に書けます。

本記事では、英語のエッセイの書き方で悩んでいる人のために、文章の構成やコツについてわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、英語が苦手なあなたでもエッセイが書けるようになるはずです!

 

1.英語のエッセイは3部構成で書く

英語でエッセイを書く際は、下記の3部構成を意識しましょう。

①導入(Introduction)

②本論(Body paragraph)

③結論(Conclusion)

この構成さえ守っておけば、多少稚拙な文章でもエッセイとして成立します。

1つ1つのパートについて、詳しくみていきましょう。

 

1.1.導入(Introduction)

導入部分においては、エッセイにおいてどんなトピックを書くのかを宣言し、そのトピックに対しての主張や意見を明らかにします。

なぜそのトピックを選んだのか、そのトピックのどこが興味深いのかまで説明できると、これからエッセイを読む読者の関心をより引き立てられます。

 

1.2.本論(Body paragraph)

導入部分において述べた自分の主張や意見について、根拠や具体例を示しながら読者を説得していきます。

本論内は3〜5程度の複数のパラグラフに分け、1パラグラフにつき1用件を意識して書き進めます。

またこのパートにおいては、自分の主張や意見に対して出てくるであろう反論について、先回りして言及しておくことも可能です。

本論でいかに読者を説得できるかが、エッセイ全体の良し悪しを大きく左右します。

 

1.3.結論(Conclusion)

本論で述べたことを総括し、あらためて自分の主張や意見をまとめます。

結論を書く際は、本論中で触れなかった情報は出さないようにしましょう。

この部分で新たな情報が出てくると、「結局何が言いたいの?」と読者に思われてしまい、エッセイに説得力がなくなります。

結論部分はあくまで「まとめ」だということを意識し、自然な流れでエッセイを締めましょう。

 

 

2.英語でエッセイを書く時の7つのコツ

英語でエッセイは正しい構成を守ったうえで、いくつかのコツについても押さえておく必要があります。

続いてはエッセイを書く際に大切なコツについて解説していきます。

 

2.1.パラグラフの1文目で、1番伝えたいことを述べる

本論部分においては用件ごとにパラグラフを作成するという説明をしましたが、パラグラフの1文目には必ず1番伝えたいことを書くようにします。

【伝えたいこと】→【その理由】という流れを意識することで、文章の流れはスムーズになります。

 

例.

Most Japanese lack in experience of English conversation. Because there are few opportunities to speak English in daily life.

(多くの日本人は英会話の経験が不足している。なぜなら日常生活の中で英語を話す機会がほとんどないからだ。)

 

「1文目には1番伝えたいこと」を意識するだけで、エッセイの説得力は一気に増します。

 

2.2.反対意見についても触れる

自分の主張や意見に対する反対意見にもあえて触れると、エッセイはより説得力が増します。

自分の主張や意見だけでエッセイをまとめてしまうと、読者から「いやいや、Bというケースもあるでしょ!」と突っ込まれてしまい、信頼が獲得できません。

 

「もちろんBというケースも考えられます。しかしBの場合は〇〇なので、結局はAがほとんどです。」

という具合に、予想される反対意見に先回りし、言及しておきましょう。

あえて反対意見にも触れることで、より多くの人から共感が得られます。

 

2.3.一文に情報を詰め込み過ぎない

エッセイにおいては、「一文一義」が基本です。一文にたくさんの情報を詰め込みすぎると、読者は読むという行為に疲れてしまいます。

 

△If you want to improve your English speaking ability, you need to practice in practical ways, like debating with foreigner who speak English fluently.

(英語のスピーキング向上させたいのであれば、英語を流暢に話す外国人と議論をするなど、実践的なトレーニングをする必要があります。)

 

○If you want to improve your English speaking ability, you need to practice in practical ways.

 For example, you should debate with foreigner who speak English fluently.

(英語のスピーキング向上させたいのであれば、実践的なトレーニングをする必要があります。例えば、英語を流暢に話す外国人と議論してみましょう。)

 

長すぎる文章をピリオドで区切るだけで、だいぶ読みやすくなりますね。

文章を適度に区切ることで、読者が読みやすいエッセイとなります。

 

2.4.1つの物事に対する「言い回し」を意識する

エッセイ内で1つのトピックについて深く言及していると、同じ単語や表現が何度も登場しがちです。

しかし同じ単語や表現が何度も登場すると、文章が単調になってしまうので要注意。

1つの物事に対して、複数の英語表現で言い回しができると、エッセイのテンポが良くなります。

 

speaking English→「debating with foreigner」、「English conversation」

 

具体的には英英辞典を開いてみると、1つの物事に対して複数の英語表現が見つかります。

1つの物事に対する「言い回し」を意識し、エッセイの質を上げていきましょう。

 

2.5.翻訳サイトに丸投げはNG

英語が苦手な人は、エッセイを書くにあたって翻訳サイトに頼ることもあるかもしれませんが、丸投げはNGです。

長い日本語を翻訳サイトで英語化すると、大抵は不自然な文脈となります。翻訳サイトは年々進化しているも、やはり人間が書いた文章には敵いません。

翻訳サイトは参考程度とし、基本的には自分で英語の文章を組み立てるようにしましょう。

 

2.6.可能であれば、誰かに添削してもらう

英語のエッセイに限らずですが、自分が書いた文章を他人にチェックしてもらうことは重要です。

一人で文章を書いていると、客観性を見失い、独りよがりな意見や主張になりがち。

自分が納得した文章でも、他人が読んだらイマイチなんてこともよくあります。

可能であれば英語が得意な人にも読んでもらい、英語表現に違和感がないかまで確認してもらえるとなお良し。

エッセイが多くの人の目に触れる前に、第三者目線での添削をしてもらいましょう。

 

2.7.接続詞のバリエーションを増やす

英語のエッセイにおいては、接続詞が重要な役割を果たします。

接続詞が適切に使えると、文章と文章の繋がりがスムーズになり、エッセイ全体の質が上がります。

接続詞を知っていれば知っているほど、英語のエッセイは書きやすくなるはずです。

具体的な役立つ接続詞については、次章で解説していきます。

 

3.英語のエッセイで役立つ接続詞まとめ

続いては英語のエッセイで役立つ接続詞について紹介していきます。

導入・本論・結論、それぞれのパートに分けて紹介するので、英語のエッセイを書く際の参考にしてください。

※下記で紹介するフレーズには、文と文を繋ぐための「副詞」も含みます。

 

3.1.導入で役立つ接続詞

・generally「一般的に」

・in my opinion「私の意見としては」

・personally「個人的には」

・from my point of view「私の視点から言うと」

・this time「今回は」

 

3.2.本論で役立つ接続詞

□情報の追加

・in addition「加えて」

・also「〜もまた」

・moreover「そのうえ」

 

□例証

・for example「例えば」

・such as「〜のような」

 

□比較

・in the same way「同じように」

・in comparison「〜と比べると」

 

推論

・therefore「それゆえ」

・as a result「結果として」

 

□対比

・on the other hand「一方で」

・unlike「〜と違って」

・on the contrary「それどころか」

・whereas「〜に反して」

 

□逆説

・however「しかしながら」

・instead「その代わりに」

 

□原因・結果

・because of「〜のため」

・since「〜してから」

・due to「〜のせいで」

・thus「結果として」

 

3.3.結論で役立つ接続詞

・in summary「要約すると」

・to conclude「結論を言うと」

・in short「要するに」

・in a word「一言で言うと」

・all in all「大体において」

・in all「全体で」

 

 

4.英語のエッセイのお手本となるサイト

英語のエッセイを書く際は、お手本となる文章を参考にしたうえで書き始めるとスムーズです。

ネット上でもたくさんのエッセイが無料で読めるので、より質の高いエッセイを書きたい人はまずプロの文章を参考にしてみましょう。

ここでは英語のエッセイのお手本となるおすすめサイトについて紹介していきます。

 

4.1.The Japan Times

日本のニュースや文化、暮らしについてのエッセイを集めたサイトです。

日本を題材にしているため、英語が苦手な人でも内容が頭に入ってきやすいのが特徴。

まずはわかりやすいトピックのエッセイを読みたいという人におすすめです。

 

4.2.BBC Learning English

国放送協会BBCが提供するコラムサイトです。

世界各国の情勢やトレンド、ニュースなどに関するトピックを集めています。

世界中の情報に触れながら英語を学びたいという人におすすめです。

 

4.3.News in Levels

世界中のニュースを中心に、レベル毎のトピックを提供しています。

3段階のレベルに分かれているので、自分の英語レベルに合わせたエッセイを読めるのがポイント。

初心者から上級者まで、様々なレベルの人が学習に使えるサイトです。

 

4.4.Breaking News English

同じく世界中のニュースを中心にトピックを集めたサイトですが、こちらはレベルが6段階と更に細分化されています。

まずは簡単なエッセイから読み始め、徐々にレベルを上げていくと英語力もアップします。

 

 

5.英語のエッセイの書き方が学べる教材

続いては英語のエッセイの書き方が学べる教材の紹介です。

教材を使えば、更に本格的なエッセイの書き方が学べます。

これからレベルの高いエッセイを書こうとしている人は、教材も併せてチェックしておきましょう。

 

5.1.ハーバード式 5行エッセイ英語学習帳/コスモピア

(引用:http://ur0.work/8fwh)

ハーバード大学などの教育機関でも実践されている、エッセイの学習法をまとめた教材です。

「ハーバード式」と聞くとハードルが高いようにも聞こえますが、内容としては英語初心者を対象としています。

エッセイの書き方を1から学びたいという人におすすめです。

 

5.2.英語論文の書き方入門/慶應義塾大学出版会

(引用:http://ur0.work/U3j3)

アカデミックな英語論文を書くためのノウハウを紹介している教材です。

大学機関からの出版ということで、内容としては学術分野に特化したものとなっています。

より深い内容のエッセイが書けるようになりたいという人にぴったりです。

 

6.英会話サービスで力をつけよう!

英会話サービスを利用すると、英語の基礎力を養うことができますので、エッセイの向上が期待できます。

そんな英会話教室の中でもおすすめなのが、Progrit。Progritは、英語コーチングサービスです。プロのトレーナーから、効率的に英語を学ぶことができますよ。

レビュー記事はこちら Progrit(旧TOKKUN ENGLISH)の口コミ・評判まとめ。率直な感想や口コミをまとめました

 

7.基本さえ押さえておけば、英語のエッセイは書ける!

英語のエッセイの構成やコツについて解説しました。

エッセイと聞くとハードルが高いようにも思えますが、基本さえ押さえておけば、案外簡単に書けてしまいます。

本記事で紹介したフレーズやお手本となるサイトなども参考に、あなただけの素敵なエッセイを書き綴りましょう!