英語は苦手意識を持ってしまうと、なかなか勉強が捗りません。

とは言え苦手なものは苦手であって、何とかして克服したいですよね。

 

そこで本記事では、英語に対する苦手意識を克服する方法について解説していきます。

今日からでも実践できる方法ですので、英語が苦手な人はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

1.英語の「リスニング」の苦手意識を克服する方法

まずはリスニングの苦手意識を克服する方法についてです。

「英語が全然聞き取れない!」という人は、以下の方法を試してみてください。

 

1.1.発音を学ぶ

発音を理解していないと、英語は正しく聞き取れません。英語には発音が似ているけど意味が全く違う単語が多数存在するので、正しい発音を学ぶのは非常に重要です。

例えば「rice」と「lice」はカタカナ読みすると同じ「ライス」ですが、実際は発音も意味も異なります。

 

・rice:お米

・lice:しらみ

 

「L」と「R」を聞き分けられないだけで、言葉の解釈は大分変わってきますね。

英語のリスニングに苦手意識がある人は、まずは発音記号とその正しい発音方法を学んでみましょう。

 

1.2.何度も同じ音声を聞く

英語が苦手な人は、音声を1度聞いただけで終わりにしてしまいがちです。しかしリスニングの練習をする際は、音声を1度聞いただけでは効果は見込めません。

同じ音声を何度も繰り返し聞くことで、初めて英語特有のリズムやイントネーションが定着します。

英文に含まれる単語や文法も同様で、何度も繰り返し聞くことで自然と頭の中にインプットされていきます。

リスニングに苦手意識がある人ほど、同じ音声を何度も聞くようにしましょう。

 

1.3.音声の再生倍速を下げて練習する

英語が苦手な人がいきなり難しい英文を聞いても、ほとんど聞き取れません。

英語が聞き取れないようであれば、音声の再生倍速を下げてみましょう。再生倍速を下げれば難易度も下がるので、英語が苦手な人でも練習がしやすくなります。

まずは自分に合った難易度からリスニングの勉強を始めるのが大切です。

 

1.4.音読をする

音読はリスニング力を効率的に向上させてくれる学習方法の1つです。リスニングの際はよく聞き取れない単語を聞き流してしまいがちですが、音読は実際に声に出さなければいけないので、1つ1つの単語に意識を集中させることができます。

また実際に声に出すことで、自分の身をもってリズムやイントネーションを覚えられるという効果も。

リスニングの練習は聞くだけでなく、実際に音読をすることも意識しましょう。

 

1.5.子供向けアニメで練習する

英語が苦手で全く聞き取れないという人は、子供向けアニメでリスニングを練習するのがおすすめです。

子供向けアニメは使われている単語や文法が比較的シンプルなので、英語が苦手な人でも聞き取りやすいというメリットがあります。

加えてアニメであればストーリー性があるので、途中で勉強に飽きてしまう心配もありません。

いきなり教材に手を出すのではなく、子供向けアニメを観るというのも1つの勉強方法です。

 

 

2.英語の「スピーキング」の苦手意識を克服する方法

続いてはスピーキングの苦手意識を克服する方法についてです。

「外国人との会話が全然続かない」

「英語を勉強しているのに、話せない」

という人は、以下の方法を試してみてください。

 

 

2.1.「恥ずかしい」という気持ちを捨てる

普段英語を話す機会がない日本人にとって、いざ英語を話すとなると「恥ずかしい」という気持ちを抱いてしまうのはよくあることです。

しかし「恥ずかしい」という気持ちを持っていたら、自ら積極的に英語を口に出すことはできません。まずは「恥ずかしい」という気持ちを捨てて英語を話すのが大切。

 

実際のところ日本人と会話をしている外国人は、相手の英語が下手くそだろうと全く気にしていません。

むしろ積極的に英語を話そうとする相手に対し、何とか気持ちを汲み取ってあげようとしています。

 

どうしても恥ずかしさが捨てられないという場合は、オンライン英会話などで1対1の会話から始めてみましょう。

周りの人に自分の英語を聞かれない状況であれば、恥ずかしさはだいぶ和らぎます。

 

英語を話す際は、失敗を恐れずに堂々と話しましょう。

 

 

2.2.まずは中学校レベルの英語で話してみる

スピーキングが苦手な人によくあるパターンとして、頭の中で英語を組み立てるので精一杯になってしまい、結果として上手く話せないということがあります。

しかし実際の英会話は、中学生レベルの英語のみでも十分に成立します。

まずは中学生レベルの英語のみを使いこなすことを目標にして、実際の会話に臨みましょう。

 

 

2.3.感情表現のフレーズを覚える

自分の感情を表現するフレーズを覚えると、意思疎通はスムーズになります。

自分の今の気持ちが正確に相手に伝われば、それだけ相手との距離も縮まりますね。

感情表現のフレーズは、

 

「I’m 〇〇(感情表現のフレーズ).」

 

とシンプルに会話に組み込むだけでもOK。

知っている感情表現のフレーズが多ければ多いほど、スピーキングのスキルは上がります。

 

 

2.4.自分の話す英語を録音してみる

自分の話す英語を録音すると、今まで気づけなかったことに気づけます。

例えば発音やイントネーションの誤りについても、自分の英語を客観的に聞くことで初めて気づける部分が多いです。

対面の会話であればボイスレコーダー、オンライン英会話であればSkypeの音声録音アプリなどを使うと、自分の話す英語は簡単に録音できます。

英語が苦手な人は、自分の話す英語を録音して弱点を分析してみましょう。

 

 

2.5.とにかくたくさん話す

スピーキング力を向上させるには、とにかく英語をたくさん話すしかありません。

英語を話すことに苦手意識を感じてしまうのも、これまでの人生で英語を話す機会があまりなかったことが大きな理由と言えます。

実際留学やホームステイをしていた人が流暢な英語を話せるのも、現地でたくさんの英語を話してきたからです。

英語が苦手な人ほど、英語を話す機会を積極的に作るようにしましょう。

 

 

 

3.英語の「リーディング」の苦手意識を克服する方法

続いてはリーディングの苦手意識を克服する方法についてです。

「英語の文書が全然読めない」という人は、以下の方法を試してみてください。

 

3.1.まずは簡単な英文から読み始める

英語が苦手な人がいきなり難しい英文を読もうとしても、読めなくて当然です。

まずは簡単な英文から始め、英語を読むという行為に慣れるのが大切。英語を読むことに慣れれば、勉強も苦ではなくなります。

英語初心者は簡単な英文をたくさん読んで、リーディング力を伸ばすための土台作りをしましょう。

 

 

3.2.とにかく語彙力をつける

語彙力があるということは、それだけたくさんの英文が読めるということです。

知らない単語に遭遇する機会が減るので、リーディングの精度とスピードの両方が向上します。

リーディン力を伸ばしたいのであれば、毎日少しずつでも良いので単語を覚えるようにしましょう。

 

 

3.3.「多読」と「精読」の両方を練習する

多読とは、英文中のわからない部分を飛ばし、とにかくたくさんの量の英語を読む勉強方法のことを言います。対して精読は、英文中のわからない部分は逐一辞書などで調べ、明確に意味を理解しながら読む勉強方法です。

 

多読と精読は真逆の勉強方法ですが、この両方を実施することで、英語を読むスピードと精度の両方が向上します。

英語が苦手な人は多読と精読の両方を実施して、リーディングの基礎を身につけましょう。

 

 

3.4.わからない単語は前後の文脈から推測する

英文中の全ての単語の意味を理解できる人は、英語上級者でもなかなかいません。

ではどうやって英文を読むのかというと、わからない単語の前後の文脈から意味を推測します。

 

例えば、

 

「The postman derivers mail from door to door.」

 

という英文があり、「postman」という単語の意味がわからなかったとしましょう。わからない単語を飛ばして和訳すると、

 

「その〇〇は一軒ずつ郵便物を届けている。」

 

となります。

主語の意味がわからずとも、「郵便物を届ける仕事をしている人なんだな」と大まかな推測ができますね。

このように前後の文脈から単語の意味を推測する練習をしておくと、読める英文の幅が広がります。

 

 

3.5.一度読んだ英文を音読する

リスニングと同じく、リーディングにおいても音読は非常に重要です。音読をすると、英語を英語の順番のまま読むトレーニングとなります。

英語が苦手な人の中には、頭の中で英語を並べ替えて意味を理解している人が多いです。しかしそれでは文章を読むのにひたすら時間がかかるだけ。

音読を繰り返して、英語を英語の順番のままインプットする癖をつけると、リーデングのスピードは一気に向上します。

 

 

 

4.英語の「ライティング」の苦手意識を克服する方法

続いてはライティングの苦手意識を克服する方法についてです。

「英語を書こうとすると、すぐにペンが止まってしまう」という人は、以下の方法を試してみてください。

 

 

4.1.まずは知っている単語と文法だけを使って書く

英語が苦手な人は、難しい単語や文法を無理して使わないようにしましょう。よく理解していない単語や文法を使おうとしても、文章がチグハグになるだけです。

中学生レベルの単語や文法だけでも、自分の考えは文章にできます。

まずは簡単な英語のみで文章を構成するのが大切です。

 

 

4.2短い文章で書く

ライティングにおいては長い文章で書こうとすればするほど、難易度が上がります。文章が長いとそれだけ文法も複雑になるので、ミスも多くなります。

コツとしては、「一文一義」を心がけることです。まずは短い文章に区切りながらライティングをしましょう。

 

 

4.3.新しい単語を使う場合は、必ず例文をチェックする

ライティングをしていると、知らない単語を辞書で調べて使うこともあるでしょう。しかし辞書で調べた単語をそのまま使うと、自分の思っているニュアンスと異なることもあります。

 

例えば「叩く」という日本語を辞書で調べると、

 

「hit」

「beat」

「knock」

 

など、たくさんの英単語が出てきます。「何をどんなふうに叩くのか」で適切な単語は異なってくるので、それぞれの単語のニュアンスを理解していないと正しく英文に組み込めません。

 

新しい単語を使う場合は必ず例文をチェックし、自分の意図しているニュアンスかどうかを判断しましょう。

 

 

4.4.英語の日記をつける

英語の日記は、ライティング力を向上させるための最も手軽な勉強方法です。

毎日少しずつでも良いので英語を書けば、ライティングという行為に慣れてきます。

その日の出来事や思ったこと、何でも良いので文章にしてみましょう。

 

 

4.5.可能であれば、誰かに添削してもらう

英語が苦手な人ほど、書いた文章は誰かに添削してもらうべきです。

ライティングには正解がないので、自分が書いた文章が正しいのかどうかを自分で判断できません。

身近にいる英語が得意な人や、オンライン英会話の講師などに添削を依頼できれば理想です。

文法的な誤りや不自然な文脈を指摘してもらえれば、ライティング力は更に向上します。

 

 

5.英語の苦手意識が克服できるおすすめ教材

ここでは英語に苦手意識を持っている人に読んでほしいおすすめの教材について紹介していきます。

どの教材も英語初心者向けですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

5.1.日本人の英語勉強法 なぜ日本人はこんなにも英語ができないのか?/中経出版

(引用:http://urx.space/Swiv)

 

長年日本に住み、日本人に英語を教え続けてきたジェームス・M・バーダマン氏の著書です。

ネイティブの目線で「なぜ日本人は英語ができないのか」を語っています。

「英語を勉強しているけど、全然成長しない」という人に読んでほしい一冊です。

 

 

5.2.できる人の英語勉強法/KADOKAWA

(引用:http://urx.space/0OLD)

東進ハイスクールのカリスマ講師、安河内哲也先生の著書です。

350万人以上の生徒に英語を教えてきた経験をもとに、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングを満遍なく伸ばす勉強方法について解説しています。

これから本格的に英語の勉強を始めようとしている人に読んでほしい一冊です。

 

 

5.3.難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!/文響社

(引用:http://urx.space/Ss93)

英語が話せるようになるための最短ルートを解説している教材です。

「『a』と『the』で迷ったら『ん』と発音する」など、英会話が上達するためのノウハウが詰め込まれています。

「今は英語が苦手だけど、とにかく英語が話せるようになりたい」という人におすすめです。

 

5.4. NHKテレビ DVD BOOK プレキソ英語 Sushitown

(引用:http://urx.space/g5vm)


NHKで放送された英語アニメ「The Sushitown」の全48話を収録したDVDです。

子供向けのアニメですが、日常会話で頻出のフレーズが多数使われており、スピーキングの学習に役立ちます。

またスクリプトの英訳解説も掲載されているので、独学がしやすいのもポイント。

英会話の初心者向け教材を探している人におすすめです。

 

 

6.英会話サービスで苦手意識を克服しよう!

英語に対する苦手意識を克服するにあたり、英会話サービスを利用するとよいでしょう。

英会話サービスでは、ネイティブ講師と楽しく会話ができたり、プロ講師から直接勉強の仕方を教えてもらえるので、初心者や苦手意識のある人でも気軽に利用することができますよ。

 

その中でも、オンライン英会話であるDMM英会話はおすすめです。

低価格でネイティブ講師からのレッスンを毎日受けることができるサービスですので、継続することで英語力向上が期待できます。

無料体験レッスンも行なっているので、ぜひ試して見てくださいね。

 

DMM英会話を無料体験する

 

 

7.苦手意識を克服すれば、英語の勉強は楽しくなる!

本記事では英語に対する苦手意識を克服する方法について解説しました。

英語に対する苦手意識は、単に勉強方法が間違っていて、なかなか成長が実感できないからというケースが大半です。

正しい勉強方法で英語を勉強すれば、苦手意識は自然と克服できます。苦手意識を克服して、楽しく英語を身につけましょう。